【2021年4月更新】フォーマルシューズおすすめメンズ ランキングトップ3

グッドイヤー

フォーマルな冠婚葬祭には、それなりの身なりが必要になります。
そんなときに備えて1足は持っていたい、ちゃんとした革靴をオススメします。
「フォーマルシューズ」でありながら、少し個性的な印象を!

 

30代・40代男性には、様々な冠婚葬祭の場があります。
そんな「急な用事に合わせた革靴」が必要になります。

どんな時でも対応できるような、革靴を1足でも持っていたいものです。

 

おすすめ本格紳士靴ブランド

モラルコードのグッドイヤーウェルト製法は、本格紳士靴仕様です

モラルコードのグッドイヤーウェルト製法は、本格紳士靴仕様です!

丁寧な作りが、「しっかりした」印象を靴から与えてくれます。

*フォーマル(正礼装:モーニング・燕尾服・タキシード)には、様々なルールがあります。
ご自身のご判断でご使用お願い致します。

 

モラルコードのグッドイヤーウェルト製法は、本格紳士靴仕様です

 

モラルコードが提案する「ちょっとおしゃれな」

フォーマルシューズおすすめメンズ ランキング:ベスト3

をおしらせします。

紳士の風格を見せたいときに、ピッタリの「フォーマルシューズ」です。
高級紳士スタイルで履ける、「冠婚葬祭フォーマルシューズ」として使いやすいものをご紹介します。

 

ランキング3位

AUGUST オーガスト ブラック ダブルモンクストラップ レザービジネスシューズ

¥22,800 (税込¥24,624 )/ Free shipping

メンズおすすめフォーマルシューズ靴 ランキング3位オーガストブラック AUGUST BLACK

AUGUST オーガスト BLACK ブラック

 

ダブルモンクストラップとは、 甲の部分をベルトで抑えているモデルです。
「モンク」は、その名の通り修道僧です。
15世紀頃にアルプス地方の修道僧たちが履いていたバックル付きの履物から考えられたデザインで、甲の履き口にベルトが付いていて側面でバックル留めにするタイプのものです。
紐靴よりも、比較的脱ぎ履きしやすいのが、特徴的です。

 

ランキング2位

HOLDEN ホールデン ブラック メンズウィングチップレザービジネスシューズ

¥22,800 (税込¥24,624 )/ Free shipping

 

メンズおすすめフォーマルシューズ靴 ランキング2位ホールデン ブラック メンズウィングチップレザービジネスシューズ

HOLDEN ホールデン BLACK ブラック

 

ブローグ (Brogue):
昔、アイルランドやスコットランド地方で用いられたローハイドの皮で作った歩行用の靴。のちにウイングチップで飾り穴を開けた靴に代わって普及したといわれています。つま先から後部まで、ギザと穴飾りのあるものをフル・ブローグと言い、英国調の紳士靴の特徴となっている。

ランキング1位

NEWTON ニュートン ブラック メンズストレートチップレザービジネスシューズ

¥22,800 (税込¥24,624 )/ Free shipping

メンズおすすめフォーマルシューズ靴 ランキング1位ニュートンブラック NEWTON BLACK

NEWTON ニュートン BLACK ブラック

 

紳士靴の基礎知識

オックスフォード (Oxford)とは?

17世紀イギリスのオックスフォード大学の学生の間で、当時のブーツsに反対して短い靴を履きだしたことから名付けられました。
19世紀頃からは、短靴のことをオックスフォードと呼ぶようになった。
現在は紳士、婦人、子供靴に用いられ、甲の高さを紐で結び調節できるものがあります。一般的には「外羽根式」または、「外羽根」と呼ばれています。

 

ブラッチャー (Blucher)とは?

1810年プロシャ軍のブリュッヘル将軍が、軍靴用に考えた履き口が外に開いて紐で占めるタイプ。脱ぎ履きがしやすいことから、スポーティーな靴に使用されるデザイン。バルモラルと共に紐付き靴の2大主要形式。
イギリスでは、「ダービー」と呼ばれる。

 

バルモラル (Balmoral)とは?

靴の履き口がV型に開いて紐で締める形式の靴のデザイン。
19世紀の中頃、イギリス王室の御用邸があるスコットランドのバルモラル上で、ヴィクトリア女王の夫君アルバート公がデザインされたといわれることからこの名がついた。
20世紀初めから一般的に流行した型式で、「内羽根式」または、「内羽根」と呼ばれています。

 

 

まとめ

張り出したコバが特徴的のグットイヤーウェルト製法の靴は、「男らしい見た目」が特徴です。
本格派高級ビジネスシューズとして定番アイテムなので、あらゆるビジネスシーンで一目置かれることでしょう。

何故か!?
出来る男は、グットイヤーウェルト製法の靴を履いている?

やっぽりビシッとスーツを着た時には、男らしい革靴が格好いいからではないでしょうか!
伝統的な確立された製法は、愛用者へ自信を与え、成功へと導いてくれるからだと思います。

 

エイジングを楽しみながら、長い間愛用できる1足として「グットイヤーウェルト製法の本格紳士靴」を試してみてください!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました