「グッドイヤーウェルト製法」出来る男の勝負靴とは?【2022年1月更新】

「グッドイヤーウェルト製法」出来る男の勝負靴とは?グッドイヤー

 

グッドイヤーウェルト製法をご存じですか?

グッドイヤー聞くとほとんど人が、車のタイヤ?って思われるかもしれませんが、タイヤではありません。
革靴の伝統的な製法の一つで、最も古い革靴製法の一つです。

伝統的製法ということもあって、革靴の見た目はクラシックなしっかりした風貌をしています。

グッドイヤーウェルト製法は、本格的な革靴を代表する意匠です。
洗練された大人の紳士的なイメージがあるので、革靴好きには非常に人気があります。

またセメント靴ではなくグッドイヤーウェルト製法の靴には、「履く楽しみ」があります。
この製法でしか味わえない、魅力をお伝えしたいと思います。

高級紳士靴の標準装備「グッドイヤーウェルト製法」のおすすめ商品をご紹介します。

 

 

 

「グッドイヤーウェルト製法」出来る男の勝負靴

 

紳士靴の定番といえば、「グットイヤーウェルト製法」
でも、実際にどんな靴で・どんな特徴があるのか?

グットイヤーウェルトって聞いたことがあるけど、どんな製法?
「硬くて足が痛くなりそう!!」っていう、印象があるのではないでしょうか!?

でも本当は、すごく履きやすくて、長く履ける最高のコスパシューズだということは、あまり知られていません。

今回はグッドイヤーウェルト製法の【メリット】【デメリット】をわかりやすく解説したいと思います。

 

出来るビジネスマン必見!
履いていると一目置かれる革靴。
それが、グットイヤーウェルト製法です。

グッドイヤー製法の特徴はなに?

<グッドイヤーウェルト製法の特徴>

高級紳士靴の完成された製靴法として確立しています。

履き始めは硬い印象ですが、履いているうちに足裏の形をなぞるように中物が変形して、フィット感が高まることが特徴的です。

修理可能な製法なため、アッパーの状態が良ければ長い間修理して履き続けることができます。

 

一般的に

「本格的な革靴を代表する意匠」
「高級靴の標準装備」

と、言われるくらいです。

 

<特徴>

グッドイヤーウェルト製法の特徴:

・耐久性・耐水性に優れています。
・複雑な縫合わせによる耐久性。
・他の製法と比較にならないほどの丈夫さ。
・製法が隙間がなく作られた構造であるため、耐水性もよい。

 

<履くほどに足に馴染む構造>

一般的にインソールの中に天然コルクがたっぷりと敷き詰められています。

歩くたびにこのコルクが沈み、持ち主の足裏の形に変形されていくことで、履きやすいのが高まるのが特徴です。

履き始めは硬い印象ですが、1ヶ月ほど履くと硬さを感じなくなり、快適な履き心地に徐々になってきます。

いつしか、スニーカーよりも履きやすい靴になっている!?
かもしれません…。
そのくらい、革靴もフィッティングが合えば履きやすく感じるものです。

コルクによるインソールの馴染みが、大きな【メリット】のひとつでしょう。

<最適な重さ>

複雑な縫い合わせ・構造により、非常に耐久性に優れています。
しかし構造上、少し重さがどうしても出てしまうのが【デメリット】と感じる人も多いかと思います。

しかし、このちょうどいい重さが歩行に振り子のような動きを与え、歩行をサポートしてくれます。
むしろ安定感を与えてくれる丁度良い重さになっているといえます。

最適なサイズで履いていれば、『最も長時間歩行に適している靴』と言われているくらい快適な歩行もできます。

 

 

<お手入れ方法や修理について>

ソール交換やオールソール交換、ヒール交換などの修理が可能です。

アッパーの状態さえ良ければ、一足の靴を半永久的に愛用することができるのが魅力です。
そういった意味では、最もコストパフォーマンスに優れている靴といえるでしょう。

これも魅力的な【メリット】の一つです。

 

 

<コスパが良いと注目されている革靴ブランド>

 

ジャラン スリワヤ

 

ジャラン スリワヤ
http://www.jalansriwijaya.com/

 

コスパ最高と言われる、今話題のブランド。
インドネシア製の確かな品質で作られたコストパフォーマンスの高い靴です。

セレクトショップで人気沸騰中。
年齢不問で愛される理由は、本格的な革靴を想起させる
ハンドソーンウェルテッド製法。
丈夫で実用性の高い靴に仕上っていて、お手頃価格が真骨頂です。

オンオフ問わずに履けるシンプルなデザインと絶妙なフォルムが魅力的。
ファッショニスタからも支持されるラインナップの豊富さ。

この数年で大手セレクトショップでもよく見かけることが多くなりました。

イギリス製、アメリカ製ではなく、インドネシア製であってもこれだけのクオリティーを維持できるということが素晴らしいブラントと思います。

 

モラルコード:おすすめ本格派コスパブランド

モラルコード:グッドイヤーウェルト専門店

出来る男の勝負靴「グッドイヤーウェルト製法」モラルコード

MORAL CODE : モラルコード

https://www.moralcode.jp/

<モラルコードのおすすめする革靴>

新しい年度がスタートする時期や新しい門出にしっかりしたビジネスシューズを履くと気分も盛り上がります。
新社会人に方には、クッション付きグッドイヤーウェルトは、履きやすい革靴だと思います。

HUGO もっとも使いやすいストレートチップ。
外羽根タイプですので、脱ぎ履きがしやすく、甲高の人でも紐で調整しやすいのが特徴です。
オーソドックスに履ける革靴として非常におすすめです。

 

革靴 ストレートチップ外羽根 HUGO ヒューゴ ブラック グッドイヤーウェルト

革靴 ストレートチップ外羽根 HUGO ヒューゴ コニャック ブラウン グッドイヤーウェルト

 

 

AARON セミブローグのクラシックなストレートチップ。
内羽根タイプですので、よりフォーマルなスタイルに穴飾りが特徴的です。
冠婚葬祭に最も適している革靴として非常におすすめです。

革靴 ストレートチップ内羽根 AARON アーロン ブラック グッドイヤーウェルト

革靴 ストレートチップ内羽根 AARON アーロン ダークブラウン グッドイヤーウェルト

 

 

 

ALFIE 厚底Uチップのドレス・カジュアル。
今人気の使いやすいスタイルに軽量EVAソールが魅力的です。
グッドイヤーウェルト製法なのに、こんなに軽くて履きやすい。

革靴 Uチップ外羽根 ALFIE アルフィー ブラック グッドイヤーウェルト

革靴 Uチップ外羽根 ALFIE アルフィー コーヒー グッドイヤーウェルト

 

DENNY 厚底ダブルモンクストラップのドレス・カジュアル。
こちらも今人気厚底スタイルにトレンドダブルモンクが魅力的です。
見た目よりも軽くて履きやすいです。

革靴 ダブルモンクストラップ DENNY デニー ブラック グッドイヤーウェルト

 

 

 

モラルコードのグッドイヤーウェルト製法は、本格仕様の革靴です。
レザー専門店として、レザーから生産する紳士靴のグッドイヤーウェルトを展開しています。

ビジネスに最適なメンズの定番ビジネスシューズを豊富に取り扱っています。
最高のコスパに挑戦する本格的なグッドイヤーウェルト製法のドレスシューズは、モラルコードでしか実現できません。

moralcodeモラルコード プレミアムレザーのグッドイヤーウェルト製法専門ブランド

 

標準仕様として:

・高級感ある革底(レザーソール)
・高級感ある革中底(レザーインソール)
・足に馴染むコルク詰め(緩衝材コルク)
・滑りにくいオリジナル・ラバーヒール
・本格グットイヤーウェルト製法

 

確かな熟練の職人から作られたインド製品。
有名イギリスブランド向けに長年生産している工場で作られています。
実はイギリスブランドの多くがインドで製造しているものも多く、技術力は本物といえます。

「本格派グットイヤーウェルト製法」

 

日本ではあまり知られていませんが、インドはイギリス統治から靴の製造は非常に盛んな国です。

特にイギリス・ヨーロッパからの技術が長年に渡り継承され、インドでのグットイヤーウェルト製法のクオリティーは非常に高いといえます。
さらにコストパフォーマンスが非常に高いことは、最大の魅力です。

 

出来る男の勝負靴「グッドイヤーウェルト製法」モラルコードビジネスシューズグッドイヤー製法構造工程図

ビジネスシューズ グッドイヤー製法 構造

出来る男の勝負靴「グッドイヤーウェルト製法」モラルコードビジネスシューズグッドイヤー製法構造断面図

ビジネスシューズ グッドイヤー製法 構造

 

特に上質な原皮を使用してつくるプレミアム・レザーを使用した、世界的に認められた革を使用。

インド生産でありながら本格高級グットイヤーウェルト製法を実現できるのは、【MORAL CODE:モラルコード】でなければできない技です。

確かな品質と確かな職人技によって、丁寧に作られているグッドイヤーウェルト製法です。

 

 

まとめ:グッドイヤーウェルト製法

 

グッドイヤーウェルト製法の靴には、「履く楽しみ」があります。
履けば履くほど足に馴染む靴。

高級紳士靴の標準装備「グッドイヤーウェルト製法」で楽しく革靴を履いてみてはいかがでしょうか?

有名ブランドの本格的なグッドイヤーウェルト製法(ハンドソー:手縫い)は、何十万円もします。
機械を使わないで、職人が一針づつ丁寧に縫い上げられている靴をみると芸術品です。

もうすこし気軽に履けるコスパの良い「グッドイヤーウェルト製法」を履きたいのであれは、この2つの革靴ブランドをおすすめします。

 

【JALAN SRIWIJAYA:ジャラン スリワヤ】
http://www.jalansriwijaya.com/
【MORAL CODE:モラルコード】
https://www.moralcode.jp/

 

是非参考にしてみてください。
おすすめです!