靴のお手入れ方法と長持ちさせる秘訣とは!?

「靴のお手入れ方法」

 

どのように靴を手入れすれば良いか、分からない。

以前、お手入れして失敗してしまった事がある。

何だか難しそう!!

なかなか時間がなくて、お手入れをしたことがない。

 

 

そのような経験をしたことが、あるのではないでしょうか?

どうしたら良いか分からないから、ほったらかしにしている。

そんな方にも、簡単で靴を長持ちさせるような「お手入れの仕方」をお伝えします。

 

 

【お手入れに必要な道具】

まず靴のお手入れをするのに、いくつか必要な道具が必要です。

簡単な「簡易的なお手入れ」とより「本格的なお手入れ」によって、必要な道具も変わってきます。

 

まずは「簡易的なお手入れ」に必要な道具からご紹介しましょう。

 

 

「簡易的なお手入れ道具」

・歯ブラシ

・雑巾

・ハンドクリーム

・布

 

 

このグッツなら自宅に揃っているもので、簡易的な靴のお手入れをできます。

外で歩いてホコリや泥などの汚れを落とし、汗をかいた靴を衛生面でキレイに保つことはできます。

また乾燥した革に栄養与えて状態をよくすることにもつながります。

少なくとも、この4点セットは最低限必要です。

 

 

次は、「本格的なお手入れ」に必要な道具からご紹介しましょう。

 

「本格的なお手入れ道具」

・雑巾

・靴用ブラシ

・靴用クリーナー

・靴クリーム 乳化性&油性(各色)

・布

 

 

これらは、市販で一般的に売られている靴お手入れ用品の一部です。

特に靴用ブラシと靴クリームは、最低限必要になってくるかと思います。

簡易的なお手入れでご紹介した『歯ブラシ』と『ハンドクリーム』は、この『靴用ブラシ』と『靴クリーム』の代替品としてご紹介しました。

またクリーナーは、以前に塗った余分なクリームや汚れなどの油分を取り除く効果があります。

これを使えば、よりキレイにお手入れ前のお掃除ができます。

 

 

 

【お手入れの仕方】

(革靴の場合)

 

【簡易的なお手入れ方法】

 

本格的なお手入れの仕方を説明する前に、

「簡易的なお手入れ」の方法

をご紹介します。

 

 

・歯ブラシ

まず自宅にある歯ブラシを使って、外でついたホコリをブラシで取り除きます。

歯ブラシなら、細かい部分の汚れも取れやすいので、キレイにブラッシングをしましょう。

 

・雑巾

次に水をよく絞った雑巾で、靴の全面を拭きます。

靴の表面は外の汚れが多くついてしまいます。

ホコリだけではなく、泥や不衛生な汚れもついてしまうこともあります。

しっかりと表面がキレイになるように、拭き取るようにしてください。

水分が革に染み込み過ぎないように、しっかりと雑巾を絞ってから拭くように注意しましょう。

場合によっては、革にシミ跡が残ってしまう場合もあります。

次の工程に進む前に、しっかりと乾燥させることも重要です。

 

また忘れてほしくないのは、靴の内側(中敷き・ライニング部)の拭き取りです。

靴を一日中履いていると足から汗が出ています。

洋服だと洗濯して洗い流せますが、革靴の場合はそうはいきません。

よって、しっかりと内側も水拭きして汗を拭き取るようにキレイにしましょう。

 

・ハンドクリーム

靴の表面がブラシと雑巾でキレイになったところで、

革に保湿力を高めるように、栄養を与えたいと思います。

通常であれば革靴専用の靴クリームがもっとも望ましいですが、自宅になければハンドクリームを靴クリームの代わりに使いたいと思います。

革は動物の天然素材なので、私たちに使っている保湿クリームでも代わりになります。

(個人的な代替え案なので、使用する場合は自己責任でお願い致します。)

濡れた雑巾で汚れを拭き取ったのち、靴を乾燥させると、表面がカサカサになっていると思います。

布や手を使って、革の表面が潤うようにクリームの塗ってあげましょう。

革が潤って、蘇ってくることを感じることができます。

 

・布

最後に布で、乾拭きをします。

革の表面に残った余分なクリームを拭き取って、磨きます。

靴の状態が良くなったことと思います。

 

 

【本格的なお手入れ方法】

 

・靴用ブラシ

まず靴用ブラシを使って、外でついたホコリをブラシで取り除きます。

ブラシを全面に当てて、特にウェルト部分はホコリや泥が付きやすいので入念に。

歯ブラシなら細かい部分の汚れも取れやすいので、歯ブラシも上手く使い分けてもいいです。

 

・雑巾

(簡易的なお手入れ方法と同文)

次に水をよく絞った雑巾で、靴の全面を拭きます。

靴の表面は外の汚れが多くついてしまいます。

ホコリだけではなく、泥や不衛生な汚れもついてしまうこともあります。

しっかりと表面がキレイになるように、拭き取るようにしてください。

水分が革に染み込み過ぎないように、しっかりと雑巾を絞ってから拭くように注意しましょう。

場合によっては、革にシミ跡が残ってしまう場合もあります。

次の工程に進む前に、しっかりと乾燥させることも重要です。

 

また忘れてほしくないのは、靴の内側(中敷き・ライニング部)の拭き取りです。

靴を一日中履いていると足から汗が出ています。

洋服だと洗濯して洗い流せますが、革靴の場合はそうはいきません。

よって、しっかりと内側も水拭きして汗を拭き取るようにキレイにしましょう。

 

・靴用クリーナー

靴用クリーナーは、市販されている靴専用クリーナーです。

濡れ雑巾で取れないような汚れは、クリーナーを使って取り除いてください。

以前より付着している古くなった靴クリームやワックス、汗(塩分)などの頑固な汚れを取るためには、このような専用のクリーナーは非常に助かります。余分なワックスなどを取り除くと、通気性も良くなります。

 

特に油性クリームは時間が経つと固くなるので、濡れた雑巾ではうまく取り切れないでしょう。

そんなときには、クリーナーを使ってお手入れをしてみてください。

 

 

 

・靴クリーム 乳化性&油性(各色)

靴の表面がキレイになったのち、革の状態を長持ちさせるために靴クリームをつけます。

ハンドクリームでも代用できるとお伝えしましたが、用意ができるのであれば靴専用のクリームの方が効果的です。

できれは、靴専用クリームを使用することをオススメします。

 

靴クリームには、主に乳化性と油性の2種類があります。

 

乳化性クリームは、柔らかく・匂いも弱く、自然な革のツヤを出せます。

一方油性クリームは、一般的なワックス(靴墨)で固く・匂いも強いがパッとキレイなツヤを出せます。

 

より本格的な方法だと、これらの両方を使い分けて、更に光沢を求めて少量の水滴を使ってより鏡のような光沢を追及することもできます。

本当に「お手入れ」極めたい人は、是非研究してみてください。

 

 

・布

(簡易的なお手入れ方法と同文)

最後に布で、乾拭きをします。

革の表面に残った余分なクリームを拭き取って、磨きます。

靴の状態が良くなったことと思います。

 

 

 

 

 

 

 

【靴長持ちの秘訣】

 

靴の扱い方で、靴を長持ちさせるためにはどのようにすればいいか!?

 

それは、毎日同じ靴を履かずに靴を休ませることです。

またお手入れをこまめにして、常に靴を清潔に靴を保つことです。

 

分かってはいるけど、なかなか実践するのは難しいものです。

少なくとも毎日同じ靴を履くよりは、一日でも靴を休ませて汗などを乾かすことは衛星面においても大きく違ってくると思います。

 

革靴に限らず、スポーツスニーカーなども同じです。

簡単な濡れ雑巾でサッと軽く一日の汚れを取る、もしくはブラシを掛ける。

そして、一日でも靴を休ませて乾燥させる。

 

 

お気に入りの靴を長持ちさせて、

できるだけ長く履けるように

日頃から少しでも「お手入れ」をすれば、

消耗品の靴長いと時間お出かけできると思います。

 

 

是非、キレイな靴で一日を気持ちよく過ごせるように!!

「お手入れ」をしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インド製品の最大メリット

 

[MAKE IN INDIA]:インド製品の最大メリット

 

インドとの貿易は、拡大傾向にある昨今。

モディー首相による  [MAKE IN INDIA]  が活発になり、今後も更に積極的な生産地として名乗りを挙げています。

 

レザーグッツ(シューズ・バッグ・レザーアクセサリー類)における

インド製の最大メリットを解説したいと思います。

 

 

 

 

 

<輸入関税>

 

レザーアクセサリーやレザーシューズなど

革鞄や革靴には、通常日本へ輸入する場合に輸入関税がかかります。

商品を輸入するときに、支払う税金のことです。

 

革靴であれば、約25~30%または1足あたり4,300円のどちらか高い方の関税が適用されます。

これは、非常に販売小売価格に影響する仕入れコストになります。

 

 

ヨーロッパやアメリカなどの先進国で製造された商品は、もともと価格が高めです。(アジアなどの国に比べて)

 

それに日本へ輸入された販売小売価格が、製造されている先進国の2倍から3倍になっていて驚くこともあります。

それの大きな要因は、主に関税にあることが影響しています。

仕入れコストに対して約30%の関税が足されると、販売小売価格も高くしなければ利益を取れなくなってしまいます。

輸入者にとっては、商品を輸入するときに関税を国に治めることは大切な義務です。

 

 

 

それでも

海外へ旅行などに行ったときに、日本より価格が安くて

つい買い過ぎてしまったりするこもあるのではないでしょうか?

しかもDUTY FREEなどで、旅行者はさらに消費税が免除できるお店もあるくらいです。

 

 

 

インドからの輸入では日本とインド間でEPA協定

(Economic Partnership Agreement:経済連携協定)が締結されており、

年々関税率が下がり続けています。

また2021年には、関税率も完全撤廃になる見通しが確実です。

 

 

これは、『非常に大きなメリットの一つ』です。

 

インド以外にも現在日本政府が自由貿易協定に積極的に動いていることで、

今後も更に関税率が下がる国が多くなってくる傾向にあります。

 

既にアジア圏からの輸入品に関しては、

特恵関税国やASEAN諸国などからの関税は引き下げられている状況です。

 

さらに最近の話題では、EUとの 日E経済連携協定(EPA) の署名を2018年7月に行いました。

また TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の話も進んでいる最中です。

 

 

それでも革靴などのレザー製品の関税は、

ヨーロッパからの輸入関税が完全撤廃までには10年以上も時間を掛けて撤廃していく予定となっています。

 

今すぐにブランド品が、すぐに安くなるわけではありません。

それでも確実に関税率は数パーセントでも減っていきますので、

楽しみにしたいと思います。

 

 

 

 

 

<生産地:インド>

 

生産地としてのインドとは:

私たち日本人にとっては 「中国」の方が地理的にも近く、身近な存在であったと思います。

「世界の工場」として急成長した中国は、今では製造業よりもIT企業や国内市場の発展に力を注いでいるようです。

また中国の賃金高騰により、「世界の工場」としては

もう低価格では難しくなってきているようです。

 

 

一方インドは、中国と共に急成長を続けてくているが、

中国ほどのスピード感はないものの、

安定して確実に成長しているように見えます。

賃金も高騰していますが、中国ほどのスピードではありません。

 

 

さらに歴史的にもイギリス統治時代から

ヨーロッパ文化の馴染み深い点など

先進国ともコミュニケーションが豊富です。

 

 

今のインドをみると、革の鞣し(なめし=タンニング)や革靴製造」 の歴史も

もともとはイギリス人からの指導もあり、

長年に渡り技術が浸透されている感じがします。

 

 

特に『グットイヤーウェルト製法』は、「イギリスの本格的な伝統革靴製法」であり、

その技術がインドに渡ってもうすでに長い年月が経っていることに驚きます。

 

 

そういった蓄積された 「職人技術とノウハウ」 は、

既に 本物の品質 を保てるようになっていると感じます。

 

インドは今でも発展途上であるものの、

製造技術面では安定した経験 を持っている状態にあると言えるでしょう。

 

 

 

その技術を持って、日本との貿易協定があることに

非常にメリットを感じます。

 

 

 

本物の技術を非常に良心的な価格で提供できる、

最大のコストパフォーマンスを実現できる国。

 

 

 

それが、今のインドなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

男性に最適なプレゼント!!喜んでもらえるプレゼント提案。

<男性に最適なプレゼント!!喜んでもらえるプレゼント提案>

 

 

男性にプレゼントをする時に

どんなモノが喜ばれるか?

悩んでいる人も多いかと思います。

 

以前あげたプレゼントを全然喜んでくれなかった・・・

まったく使ってくれているようすが無い・・・

 

 

そこで、男性に喜んでもらえるプレゼントを提案したいと思います。

 

 

 

*クリスマスプレゼントを探している女性。

*男性へのプレゼントで悩んでいる女性。

*クリスマスプレゼントに何をあげたら良いかわからない!!

*男性の趣味が分からない!!

 

そんな人に向けて、解説していきます。

 

プレセントをするタイミングも1年でイベントがたくさんあります。

*誕生日

*記念日

*バレンタインデー

*クリスマス

*お祝い

など

 

いつでも、悩みは尽きないものです。

 

 

 

もらって嬉しいプレゼント』

調べてみるとプレゼントもらう側の男性が「もらって嬉しいプレゼントは、

1位:ネクタイ・ネクタイピン=27%

2位:財布・名刺入れ・キーケース=22%

3位:ハンカチ・靴下・手袋=12%

 

というアンケート結果もあるようです。

全般的に普段身に着ける小物類が喜ばれるようです。

 

 

1位のネクタイは、最近ではスーツを着なくなってきているので、正直にいうとそれ程いまネクタイをもらってうれしいような感じはしません。

 

2位のお財布・名刺入れ・キーケースも比較的人気が高いプレゼントではないでしょうか!?

相手は、どんな財布が好みか!?

実際に使ってみて、使いやすさ・雰囲気や色などの好みは結構ある分野だと思います。

その分、プレゼントとしては難しい面はあります。

でも

しっかりした作りで、高級感あるレザーの雰囲気がある名刺入れを持っている人に出会うと

格好いいなぁって思ってしまいます。

ビジネスシーンでは、名刺交換のタイミングが第一印象のタイミングです。

そんなときに、ハッっとするキレイ目レザーの名刺入れはポイントアップかもしれません。

 

3位のハンカチ・靴下・手袋は、すこしプレゼントとしてちょっと簡単過ぎるような印象に取れてしまいます。

せめて革手袋とかなら、上質な印象を与えらるかもしれません。

あまり重くない、気軽なプレゼントとしては価格面を含めて最適なアイテムです。

 

 

 

 

いま一押しのプレゼント』

 

いま男性にプレゼントして喜ばれるモノは、【ベルト】です。

それは、身に着ける小物類にそれほどお金を掛けていないからです。

 

勿論小物類までお金をしっかり掛けている男性もたくさんいます。

しかし、一般的には優先順位に洋服が先にきます。

洋服の中でも、シャツ・パンツ・ジャケット・アウターなど必要なアイテムは山ほどあります。

それに洋服の後には、靴とか、鞄などが必要になってきます。

 

小物類は、どうしても二の次、三の次になってしまうのが実情です。

それだけお金を使う優先順位は、低くなってしまうということです。

 

 

それでは、

なぜ【ベルトが男性のプレゼントに最適か!?】と言うと

それは、ベルトって様々な素材や色が欲しいんです。

 

 

本当は、ベルトを靴や鞄の色に合わせたい!

濃いブラウンの靴には、濃いブラウンのベルトを・・・・・

明るいブラウンの靴には、明るいブラウンのベルトを・・・・

スエードの靴には、スエードのベルトを・・・・

 

欲を言えば

色も本当は、ピッタリ合わせたようが格好いい。

更に素材も合わせられた、なおイイです。

 

 

 

プレゼントを渡す相手

「彼氏」「旦那さん」「お父さん」「お世話になった人」など

その人が普段どんな色の靴を履いているか!?

どんな素材で、どんな色が好きそうか!?

 

創造して、リサーチして、渡す相手のことを思いながら、

プレゼントを考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

きっと、なかなか自分で買わない【ベルト】は、喜ばれるアイテムです。

プレゼントには、ベルトが最適。

大事な人に送るプレゼントは、これがいい!!

って思ってもらえると思います。

 

 

 

 

サイズ選びのコツ』

 

 

ベルトのサイズは、どれを選んだらよいかわからない。

固定ベルトのベルト選びは難しいので、失敗しそう!!

って、実際に心配してしまうでしょう。

 

ベルトをプレゼントとして選ぶと、サイズ選びのハードルがあります。

 

正しいサイズ選びをしないと、

長すぎたり、短すぎたり、する場合もあります。

 

あらかじめ、どの長さが適しているのか?

リサーチする必要があります。

 

 

ベルトのサイズ表記:

インチ32=82.5cm(対応範囲77.5cm~87.5cm)

インチ34=87.5cm(対応範囲82.5cm~92.5cm)

インチ36=92.5cm(対応範囲87.5cm~97.5cm)

 

 

一般適応サイズを提示します。

ベルトのサイズ表記は、「留め金の付け根部分から真ん中のベルト穴部分まで」の長さです。

 

ベルトを真ん中の位置で留めるほうが、通したときに一番美しく作られています。

なるべく、その位置で留めるようなサイズを選びたいです。

 

人によって、パンツを履くウエスト位置の好みがあるため、履かれるパンツのサイズに合わせてウエスト位置を確認すればいいかと思います。

 

例えば、渡す男性のパンツ(ボトムス)サイズが「46(EU/FRサイズ)・デニム31インチ」の場合は

【34インチ】が適しています。

 

<ベルト=パンツEU/FRサイズ=ウエストCM=デニムジーンズ>

*32 = 44サイズ = 81~84cm = 29インチ(目安)

*34 = 46サイズ = 86~89cm = 31インチ(目安)

*36 = 48サイズ = 91~94cm = 33インチ(目安)

 

 

もし渡す相手のパンツやデニムのサイズが分かれば、情報として非常に有効です。

さらに使っているベルトの長さを測れる機会があれば、非常に役に立つ情報だと思います。

 

例)身長173cm・体重63Kg・腹囲80cm

パンツサイズ = イタリア46サイズ・デニム31インチ を選ぶ人が多いように思います。

それでも腹囲が80cmに対して、パンツサイズが86cmくらいなので

手のひらが、ひとつ入るような余裕があります。

 

そんな人には、【34】が一番適していると思います。

ちょっとウエストを閉めたいときに、一つ内側に穴があるとうれしいサイズ感です。

 

【36】のベルトをその人がすると、一番短い内側の穴にすることになります。

でも【32】のベルトをその人がすると、剣先(ベルト先部分)が短か過ぎてしまう場合もあるので、

どちらかと言えば、小さいより、大きいサイズにサイズがズレる方がいいと思います。

 

 

 

センスが光るベルトセレクト』

スーツ姿がキマる、上皮つ素材のシンプルベルト

https://www.moralcode.jp/shopdetail/000000000026/accessories/page1/order/

 

存在感のあるカジュアルスタイルベルト

https://www.moralcode.jp/shopdetail/000000000024/

 

 

“普段使いできて、自分で選ばないちょっと上質なモノ”

 

 

 

 

ベルトをプレゼントする:まとめ

男性にとって、ベルトは、洋服→靴→鞄→ベルトの順番ではないか?

ベルトを買うのは、最後の最後。

下手すると、殆ど同じベルトをずーっと使っている状態。

種類もそれ程持ち合わせていないので、靴と合うベルトが無かったりするが、

わざわざ買おうと行動する事は少ない。

 

だからこそ、女性からプレゼントしてもらえると結構嬉しい。

ベルトを贈ると、束縛するとか締め付けるとかのイメージを与える場合もあるらしいが、

それは、人によって感じ方が違うと思う。

 

男性からみれば、何本あってもそれほど困らないベルトをプレゼントで貰えたら

買う必要もないし、靴に合わせるバリエーションも増えて助かる。

 

靴とベルトの色を揃えると統一感が出て

お洒落に、格好良く見えるのが “うれしい”。

 

更に靴の素材に合わせられたら、尚更ポイント高いです。

靴がスエード調であれば、ベルトもスエード調が好ましい。

 

靴がスエード調で、ベルトがギラギラした艶のあるベルトだとアンバランスですよね。

更に色も合っていないようであれば、コーディネートにバラバラ感が出てしまいます。

 

ベルトのプレゼントには、サイズ選びのハードルがあります。

フリーの調節が出来るタイプのものもありますが、固定サイズのベルトを選ぶ時は注意が必要です。

 

 

使用する男性の胴廻りを予めチェックしたり、

デニムやパンツのサイズを確認しましょう。

(彼氏や旦那さんの場合にしか、できませんが・・・)

 

フリーの調整出来るタイプはある程度安心してプレゼントできますが、

それでもサイズが収まる範囲かどうかの確認も必要です。

 

やはり固定サイズの方が、見た目は高級感があります。

 

 

正しいベルトサイズの測り方:

ベルトの付け根より穴の位置。

対応範囲の確認。

(穴を空けて、サイズ調整も可能)

 

 

パンツのウエスト位置によって、ベルトの使用長さが変わることも考慮にいれます。

最近はあまり見なくなりましたが、HIP-HOPダンサーのような大き目のパンツをお尻ではくスタイルにはサイズ選びは難しいです。

 

プレゼントする方の普段使っているベルトを拝借して確認するのがベストな測り方。

通常使っている穴は少し大きくなっているので、見れば分かると思います。

その穴から、ベルトの付け根までを測れば、プレゼントしたい方のベルト長さがわかります。

 

高級ベルトをしっかりとしたサイズでプレゼント出来たら、貰った人もきっと喜んでくれるとおもいます。

間違いのないサイズ選びで、

いつも使ってくれたら、プレゼントも成功です。

 

ビジネスマンは、時計や靴、それに合わせるベルトは結構見られているものです。

 

特にビジネスシーンで、靴やベルトが手入れされていなかったり

色や素材が合っていなかったりすると

評価や印象を悪くしてしまう場合もあるでしょう!

 

あなたのプレゼントで評価や印象がアップするば、

それが一番のプレゼントになるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

革底で滑って転ばないように!! 雨の日の滑り止め対策。

<革底で滑って転ばないように!!雨の日の滑り止め対策。>

 

 

革底で滑らない対策って、どうすればいいか!?

 

雨の日に滑って転んだ経験のある人。

革底は滑りやすいと思っている人。

仕事で革靴を履くけど、雨の日はタイルで滑りそう!!

 

 

雨の日に滑って転んで、はずかしい思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

 

これが革底の最大の悩み・・・・。

特に雨の日の駅では、急いで歩いていて気が散っているときに

スルッと足が取られる時があります。

 

滑らない革靴が欲しいけど、ダサいのはヤダ!!

ハーフラバーの貼り替えは滑り止め効果はあるけど、格好悪い!!

何か他の方法はないの!?

って、思う人もいるでしょう。

 

それぞれの特徴・機能を伝えながら、

解決策や対処法をお知らせしたいと思います。

 

 

 

 

・革底は滑るから、ゴム底を貼るべきか?

 

革底で滑って転ぶと、格好悪い。

革底は表面がツルツルになっているので、摩擦力が低く滑りやすい。

 

 

対策= ゴム底(ラバーソール)を履く。

とか

対策=革底にラバーシートを貼る。

 

など、考えられることはいくつかあります。

 

 

結構見落としがちですが、

滑る原因は、踵(ヒール)の飾り釘が大きく影響していることがあります。

飾り釘=ヒールの接地面に打っている釘のこと。

これは、靴を長持ちさせるために打っている釘です。

 

この釘のアタマが、タイルなどに当たって滑ることが結構あります。

この飾り釘を取ってなくしてしまう!!!

取ってしまえば、踵(ヒール部分)で滑ってしまうことは格段に減るかと思います。

まず、この点を確認をしてみてください。

 

本当は革底には、レザーのトップリフトが高級感あって良いですが、

ラバーのトップリフト(ヒール化粧)を選ぶほうが滑りにくいです。

 

 

 

・革底のゴム底にない機能

 

特徴:

1;通気性の良さ=ムレずらい。

2;足馴染みが良い=履けば履くほど足に馴染んで履くよくなる。

 

革底の特徴は、主に牛革を使っていることから

動物の革の自然な素材は、機能性に優れ、通気性や馴染みが非常にいい。

 

一方では

レザー ソールは革なので、

水分を含むと柔らかくなり、革底の傷みを早める原因になる。

水分に弱いデメリットがあるため、「雨の日」には不向きな素材であるといえます。

 

天気予報で雨が降る日は、なるべく革靴を履かないようにしたい。

滑りを防げるほどの強烈な解決方法はないのが、正直なところ・・・・

カラッと晴れた日に、格好よく革靴を履くのが一番いいと言いたい!!

 

 

 

・滑り止め対策

 

<対策1>

革底ではなく、“ラバーソール(ゴム底)”を選ぶ。

とにかく滑りにくい方を優先したい場合は、ラバーソールが断然にオススメです。

 

ゴムって、消しゴムのように滑りにくい素材で

グリップ性に優れています。

生ゴム(天然ラバー)が多く使われていればいるほど、

キュッキュっと音が鳴るほど、地面に食いつくような感じがある。

 

一方では

ラバーソール(ゴム底)は、通気性が無く、ムレやすい。

また天然ラバーが多いほど、重い靴になってしまいます。

 

雨の日に滑りにくいラバーソールを履くことは、オススメです。

デメリットとして、その分少し靴が重くなってしまうかもしれません。

ラバーソールだからといって絶対に滑らないということはありませんし、

油断していると滑って転んでしまうこともあるので、ご注意ください。

 

 

 

<対策2>

革底につま先から土踏まずまでの部分に“ゴムを貼る”対策。

「半貼り」って言ったりします。

 

ハーフラバー(3mm程の厚みのゴム底)を貼る事で結構メリットはあります。

体重が掛かって滑りやすい部分にゴムを貼るので、革底に比べると格段に滑りにくいなります。

一般的には3mm程の厚みのゴム(シート版)を貼って対応します。

 

土踏まずまではゴムを貼らないので、革底のオリジナルの雰囲気はそのまま維持できると思います。

革底を履いて、どうしても滑りにくい靴にしたいと思う方にはこの半貼りをオススメします。

 

ゴムの張り替え修理は、近頃は駅に修理屋さんを見かけることが多くなっています。

そこで革底にゴムを貼って下さいと言えば、簡単に貼ってくれます。

 

一方では

通気性が悪くなるという、デメリットもあります。

また3mmのゴム底を貼るので、返りも悪くなり、硬さを感じようになります。

その分の重さも増すのは、頭に入れておかなければなりません。

 

雨を気にしないで、いつも革靴を履きたい人には、半貼りは最適です。

特にヘビーローテーションの靴は、そちらの方が安心して履けるかもしれませんね。

 

 

 

<対策3>

“滑り止めステッカーを貼る”などの

市販の対応グッツもあります。

 

革底の状態をそのままで、滑り止めステッカーで応急処置をする方法もあります。

せっかく高級感のある革底にゴム半張りをしてしまうのは、気が引けると思うひとにオススメです。

雨の日と分かっていて履くよりは、あくまでも応急処置が望ましいと思います。

なぜなら、ステッカーなので粘着力が落ちてベロっと剥がれてきたら、そちらの方が格好悪いような気がします。

 

 

 

まとめ>

 

革底の最大の欠点は、雨などによる水分で滑ってしまうことがあることです。

特に濡れたタイルは、本当に滑りやすいので革底に限らず注意が必要です。

 

・革底ではなく、“ラバーソール(ゴム底)”を選ぶ。

・革底につま先から土踏まずまでの部分に“ゴムを貼る”対策。

・市販の対応グッツの“滑り止めステッカーを貼る”対策。

 

など対策をいくつか提案させていただきました。

ひとり一人の靴の思い入れによって、対策は大きく変わってくると思います。

 

・見た目重視のひと = 革底のまま、注意して履く。

・滑り止め重視のひと = ラバーソールを履く。

・両方なるべく重視したいひと = 半貼りゴムを貼って履く。

 

 

また

【歩き方】

【靴のサイズ】

の改善で、滑べりにくくなることもあります。

 

意外と歩き方やしっかりしたサイズで靴を履いていると

それ程転んだりしません。

時々、スニーカー感覚で大きいサイズで革靴を選んでいる人を見かけます。

カバカバのサイズを履いていると足が安定しないので、滑りやすい以前に危ないです。

 

 

革底の良さを知ってしまうと辞められない!!

そんなに人には、

歩き方で対応してしまうのも、ひとつの策かもしれません。

 

実際に革底の接地部分が傷だらけになってしまえば、それ程滑りません。

新しいツルツルした革底をガリガリとアスファルトで擦ってから履くのも策かもしれません。

 

雨の日に滑って転んで、ケガをしたり、恥ずかしい思いしたことのある方は

ラバーが対策として有効です。

それでも雨の日はタイル張りは常に滑りやすい状態なので、

気を緩めるとラバー(ゴム底)でも滑ります。

注意が必要です。

 

またハーフラバーの半貼りは、実際にダサイっていう人もいます。

それは、もともと革底はそのままが一番格好いいからです。

 

 

特にビジネスシューズのエレガントタイプの革靴に

ハーフラバー半貼りをするとソールが厚く見えます。

本来の革底のエレガントさのバランスが損なわれる恐れがあります。

 

 

機能性とファッション性を同時に保つことって大変です。

そのバランス感覚を両立できるかどうか考えたうえで、決断してほしいと思います。

 

 

 

 

<革底メンテナンス>

雨の日は、ラバーソールを履く。

革底靴を最低でも2日ほど履く期間あけると長持ちします。

木のシューキーパーを入れると汗・水分をとってくれるます。

 

日頃の靴のメンテナンスは、本当に重要になります。

 

革底を愛する人は、

こんな履き方をして長持ちさせて楽しんでいるのではないでしょうか!?

 

 

「やっぱりレザーソールは格好いい。」って思っている人は、知っています。

 

 

『雨の日は割り切ってラバーソールを履く。』

これが一番いいかもしれません。

 

革底はなるべくそのままで、天気の日に格好よく履く。

雨の日は滑りにくいラバーソールを履く。

格好いいラバーソールの靴も沢山あります。

 

天気や状況(シーン)に合わせたシューズを選ぶ!!

目的やシチュエーションで選らず靴を変えて、ファッションを楽しんでほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式に合う 革靴選びとは?

結婚式に合う 靴選び

 

 

絶対に失敗しない、「恥をかかない靴選び」とは?

20代・30代男性 友達などの結婚式に呼ばれる事が多い時期に、間違いを起こさないようにするためには?

 

 

でも

どんな靴を履いて良いのか分からない!

何が結婚式に合う靴か、知識がない。

一度失敗した事がある。

恥をかくのが、こわい!

など、いろいろな意見があるかと思います。

 

 

基礎マナーとスタイル提案の両方面から

オススメ靴をお伝えしようと思います。

 

 

 

<結婚式 靴選び:男性>

 

メンズ結婚式靴のオススメ。

男性の結婚式のオシャレ服。

 

 

 

フォーマルな場面での靴選び:

結婚式での服装マナーについて

結婚式では決して黒しか選んでいけないわけではありません。

大人のマナーとしては、黒(ブラック)を選んだ方が無難ということが言えると思います。

 

というのも、フォーマルな正装・礼装(モーニングやタキシードなどの正式な服装)にはやはり黒の靴でなければなりません。それは、第一礼装としてブラックのフロックコートやカッターウェーが基本とされているからです。

 

フォーマルな黒の礼装にブラウン系の靴では不自然ですし、それでは第一礼装とはなりません。

出席される結婚式のフォーマル度を把握して判断することが重要です。

 

 

靴の種類:

『ストレートチップ』が、正装向けフォーマルシューズです。

フォーマルは、ストレートチップが良いと一般的に言われています。

シンプル好きな人は、『プレーントゥ』でもいい。

 

 

内羽根= Oxford

内羽根ストレートチップが、最もフォーマルなタイプです。

内羽根プレーントゥは、よりシンプルなタイプです。

足がスマートで綺麗に見えるシンプルなデザイン。

 

外羽根= Derby

外羽根は、甲の部分が開きやすく、甲の高い人でも調整しやすいタイプです。

内羽根と比べると少しカジュアル感があります。

それでもシンプルな外羽根ストレートチップなどは、フォーマルな場面でも十分対応できるデザインといえます。

 

メダリオン(つま先部分に穴を開けた装飾)やブローグ(大穴と親子穴を開けた装飾)は、オシャレですがフォーマルな席ではあまりふさわしい靴ではありません。

ウイングチップは、フォーマルチックと言った感じと思ってください。

 

【フォーマル】と

あまりかしこまり過ぎていない【セミフォーマル】の

結婚式のフォーマル度に合わせて、タイプを決めるといいかと思います。

 

 

 

NG 結婚式 マナー:

<今さら聞けない結婚式お呼ばれ服装マナー>

 

結婚式で男性が履く靴のデザインや色など。

 

もっとも一般的なNGマナーは、

動物の皮(クロコダイル・ワニ革やリザード・トカゲ革など)や毛皮(ミンクファーやハラコなど)をイメージさせるものは、

結婚式では『縁起が悪い』とされています。

ワニ革、トカゲ革、毛皮、ハラコなどは、控えるようにしましょう。

またブーツ丈は、あまりふさわしくないとも言われています。

 

 

『スーツは派手過ぎず、地味過ぎず』と言われますが、

なかなか判断が難しいのが、実情でしょう。

 

 

 

 

<まとめ:提案>

最近では、結婚式もすごくカジュアルな雰囲気になってきているといえます。

出席する結婚式のフォーマル度合いで、判断することが一番いい方法と思います。

 

あまり個性を出したくないようであれば、

無難なブラックのストレートチップが、最もオススメです。

 

カジュアルなパーティーなら、茶色ブラウン系の靴でもOKです。

1.5次会や2次会では、少しカジュアルでも構いません。

 

少しファッションを楽しみながら、

ちょっとお洒落な雰囲気を出したいときは、

結婚式の常識的な範囲内で個性を出してみるのも良いでしょう!

 

スーツに合わせて、ダークブラウンを選んでみては如何でしょうか?

少し柔らかい印象になると思います。

 

また、ちょっとカジュアル感を出したい!

そんなに堅苦しくしたくない!といった方には、

『ウイングチップ』などは、セミフォーマルに履ける靴になると思います。

 

https://www.moralcode.jp/shopdetail/000000000038/shoes/page1/order/

 

その時に、ベルトも靴と同じ色に合わせるようにしたいです。

靴はダークブラウンで、ベルトはブラックだと色がバラバラな色の組み合わせになります。

 

https://www.moralcode.jp/shopdetail/000000000026/all_items/page1/order/

 

黒靴には、黒ベルトを・・・・

濃茶靴には、濃茶ベルトを・・・・

 

靴とベルトを同じ色に合わせると、格好いい統一感のある印象になります。

 

 

昨今は、結婚式もカジュアル化してきており、あまり堅苦しく無くなってきている印象です。

ブラウンなどで、少し軽めなイメージを演出しても格好いいと思います。

 

 

間違えなく黒のストレートチップを選んでおけば、

恥をかく事はないでしょう!

絶対に失敗したくないと思う方は、

そちらをオススメします。

 

 

 

仕事でもスーツを着ることが少なくなってきています。

そんな中、結婚式はスーツを着れる絶好のチャンス!

普段それほど着ないのであれば、尚更結婚式で周りにカッコいい姿をみせたいところ。

 

 

やっぱり男性のスーツ姿って、格好良くみえますよね。

今ならスーツでも、

あまりガチガチ過ぎず

少しカジュアル感を出せたら

おしゃれなスタイルになります。

 

 

NGやマナーを守って、

男性はもっとお洒落を楽しみましょう。

 

 

出来る男の勝負靴「グッドイヤーウェルト製法」

出来る男の勝負靴「グッドイヤーウェルト製法」

 

紳士靴の定番といえば、

「グットイヤーウェルト製法」

でも、実際にどんな靴で・どんな特徴があるのか?

 

グットイヤーウェルトって聞いたことがあるけど、どんな製法?

 

「硬くて足が痛くなりそう!!」

っていう、印象も強いのが実情ではないでしょうか!?

 

 

グッドイヤーウェルト製法の【メリット】【デメリット】

をわかりやすく解説。

 

 

 

本格靴の標準仕様は、グッドイヤーウェルト製法です。

グットイヤーウェルト製法は、本格派高級ビジネスシューズとして定番のアイテムになっています。

できるビジネスマン必見!

履いていると一目置かれる革靴。

それが、グットイヤーウェルト製法です。

 

 

 

グッドイヤー製法の特徴はなにか?

<グッドイヤーウェルト製法>

完成された製靴法として確立しています。

履き始めは硬い印象ですが、履いているうちに足裏の形をなぞるように中物が変形して、フィット感が高まることが特徴的です。

修理可能な製法なため、アッパーの状態が良ければ長い間修理して履き続けることができます。

 

一般的に

「本格的な革靴を代表する意匠」

「高級靴の標準装備」

と、言われるくらいです。

 

<特徴>

・耐久性・耐水性に優れています。

・複雑な縫合わせによる耐久性。

・他の製法と比較にならないほどの丈夫さ。

・製法が隙間がなく作られた構造であるため、耐水性もよい。

 

 

<履くほどに足に馴染む構造>

一般的にインソールの中にコルクがたっぷりと敷き詰められている。

歩くたびにこのコルクが沈み、持ち主の足裏の形に変形されていく。

履き始めは硬い印象ですが、半月から1ヶ月ほど履くと硬さを感じなくなり、快適な履き心地に徐々になってきます。

いつしか、スニーカーよりも履きやすい靴になっているかもしれません。

コルクによるインソールの馴染みが、大きな【メリット】のひとつでしょう。

 

<最適な重さ>

複雑な縫い合わせにより、耐久性に優れています。

しかし構造上、少し重さがどうしても出てしまうのが【デメリット】と感じる人も多いかと思います。

ところが、この歩行に振り子のような動きを与えるちょうどいい重さが、歩行をサポートしてむしろ安定感を与えてくれます。

最適なサイズで履いていれば、『最も長時間歩行に適している靴』と言われているくらい快適な歩行もできます。

 

 

 

<お手入れ方法や修理について>

ソール交換やオールソール交換、ヒール交換修理が可能。

アッパーの状態さえ良ければ、一足の靴を半永久的に愛用することができます。

そういった意味では、最もコストパフォーマンスに優れている靴といえます。

これも魅力的な【メリット】だと思います。

 

 

 

 

<コスパ重視で注目されている革靴ブランド>

 

ジャラン スリワヤ

 

http://www.jalansriwijaya.com/

コスパ最高と言われる、今話題のブランド。

インドネシア製の確かな品質で作られたコストパフォーマンスの高い靴です。

セレクトショップで人気沸騰中。

年齢不問で愛される理由は、本格的な革靴を想起させるハンドソーンウェルテッド製法。

丈夫で実用性の高い靴に仕上っていて、お手頃価格が真骨頂です。

 

オンオフ問わずに履けるシンプルなデザインと絶妙なフォルムが魅力的。

ファッショニスタからも支持されるラインナップの豊富さ。

 

この数年で大手セレクトショップでもよく見かけることが多くなりました。

イギリス製、アメリカ製ではなく、インドネシア製であってもこれだけのクオリティーを維持できるということが素晴らしいブラントと思います。

 

 

 

<本格派コスパブランド>

モラルコード

https://www.moralcode.jp/

 

 

モラルコードのグットイヤーウェルト製法のビジネスシューズも本格仕様です。

 

標準仕様として

・高級感ある革底(レザーソール)

・高級感ある革中底(レザーインソール)

・足に馴染むコルク詰め(緩衝材コルク)

・滑りにくいオリジナル・ラバーヒール

・本格グットイヤーウェルト製法

 

 

確かな職人から作られたインド製品。

有名イギリスブランド向けに長年生産している工場で作られた、本格派グットイヤーウェルト製法。

 

日本ではあまり知られていませんが、

インドはイギリス統治から靴の製造は非常に盛んです。

特にイギリス・ヨーロッパからの技術が長年に渡り継承され、

インドでのグットイヤーウェルト製法のクオリティーは、非常に高いです。

 

特にプレミアム・レザーを使用した、世界的に認められた革を使用。

インド生産でありながら本格高級グットイヤーウェルト製法を実現できるのは、モラルコードでなければできない技です。

確かな品質と確かな職人技によって、丁寧に作られています。

 

『最高のコストパフォーマンスが、この一足に表現』

 

 

まとめ

 

 

張り出したコバが特徴的のグットイヤーウェルト製法の靴は、「男らしい見た目」が特徴です。

本格派高級ビジネスシューズとして定番アイテムなので、あらゆるビジネスシーンで一目置かれることでしょう。

 

 

 

何故か!? 出来る男はグットイヤーの靴を履いているのか?

やっぽりビシッとスーツを着た時には、男らしい革靴が格好いいからではないでしょうか!

 

伝統的な確立された製法は、愛用者へ自信を与え、成功へと導いてくれるからだと思います。

 

エイジングを楽しみながら、

長い間愛用できる1足として

グットイヤーウェルトの靴を試してみてください。

 

 

 

最低限押さえておきたい革靴選びの3つのポイント

最低限押さえておきたい革靴選びの3つのポイント

 

革靴を正しく履くためには、どんなポイントをおさえておくべきか!?

靴ズレして、痛い思いをしたり、

つま先が当たって、一日中ツラい思いをしたり、

革靴って格好いいけど、なかなかしっかりと教えてもらったことがない。

 

そんな方に

革靴のことをわかりやすく解説。

 

  1. 靴選びの常識を知らない。
  2. 仕事で間違えのない靴選びを知りたい!
  3. シチュエーションに合わせた靴選びがわからない。

 

このようなことで悩んでいる方に

より詳しく解説。

 

 

 

目次:

・革靴の基礎知識を紹介。

・サイズについて

・革靴の種類(バリエーション)を紹介

 

 

革靴の基礎知識を紹介:

<革の種類>

革の種類といっても、様々な種類の革を使用して靴にしています。

基本的に多くの革靴で使用している革は、牛革です。

その他では、ゴート(ヤギ革)・シープ(羊革)・ピッグスキン(豚革)などが主に使われることが多いです。

 

紳士靴では、一般的には牛革を使用している革靴がもっとも多いでしょう。

 

<牛革の種類の紹介>

【カウ】:厚くて丈夫な牛革・生後2年くらいのメスの成牛革。

【ステア】:最も一般的な牛革・やや肌目が粗いが耐久性がいい・生後6か月の間に去勢したオスの成牛革。

【キップ】:やや肉厚で丈夫 ・ きめ細かい上質革・生後6か月から2歳の成牛革。

【カーフ】:牛革の最高級品・緻密で美しい上質革・生後6か月以内の仔牛革。

 

 

紳士靴の定番は、グットイヤーウェルト製法です。

男らしくて、しっかりした革靴を履きたい場合に最適でしょう。

伝統的なイギリスやアメリカの雰囲気があります。

 

もう少しシャープでエレガントな雰囲気がお好みなら、マッケイ製法もいいでしょう。

コバの張り出しが小さくて、よりスタイリッシュでイタリアの格好いい感じがあります。

 

<製法>

【グットイヤーウェルト製法】:伝統的な革靴の基本的な製法・頑丈で耐久性のある男らしい印象。

【マッケイ製法】:イタリア・マルケ地方の伝統製法・ブレイク製法とも呼ばれる。見た目がスマートな印象。

【ステッチダウン製法】:頑丈で気密性が高く水が浸入しにくい製法・柔らかくてカジュアルな印象。

【セメンテッド製法】:シンプルで工程が少なく大量生産に向いている製法・シンプルでカジュアルな印象。

 

サイズについて:

<足の形を知る>

【エジプト型】=親指が一番前に出ている=日本人に多い

【ギリシャ型】=ひとさし指が一番出ている=ヨーロッパのブランドが合いやすい

【スクエア・ローマ型】=親指、ひとさし指、中指あたりまでが同じくらいの長さ

 

<つま先のデザイン>

【エジプト型】=オブリークトゥ

【ギリシャ型】=アーモンドトゥ、ラウンドトゥ

【スクエア型】=スクエアトゥ

 

<海外と日本のウィズ(足幅)の違い>

日本人は平均的な2E(EE)なのに対して、欧米人はDが一般的。

日本人は、「甲高&幅広」って言われています。

しかし食生活や生活習慣も時代と共に変化してきているため、

30代までの世代は、より欧米化して細めの足になってきているようです。

 

<フィット感>

ボールガース(親指の付け根と小指の付け根の一番広いかか部分)とヒールカップ(かかとのカーブ部分)の2箇所がポイント。

つま先の空間を捨て寸という=1〜1.5cmほどある。

適正なサイズでは、2~2.5cmくらいが望ましいかと思います。

 

 

<革靴のサイズの選び方>

革靴メーカーによって足型が違うことが当たり前です。

そのため、自分の足にあったサイズを見つけ出す必要があります。

 

更に木型(ラスト・靴型)によっても、足入れ感(フィット感)が変わってきます。

また、デザインによっても変わる場合もあるのが実情です。

 

いくつかのサイズを試してから、購入することをオススメします。

 

革靴サイズ表記は、スポーツスニーカーの約1センチ小さいサイズが基本です。

捨て寸の解釈が、革靴サイズとスポーツスニーカーで違います。

 

*革靴は足入れサイズがサイズ表記になり、実際の靴は捨て寸が含まれるため靴は2センチ程大きい。

*スポーツスニーカーは靴の大きさが表記になり、捨て寸も含まれたサイズになります。

 

・踵が、フィットしているか? 浮かないか? 脱げないか?

・足の甲が、程よくフィットしているか?

・つま先が靴に当たっていないか?

 

サイズを選ぶときには、あまりキツ過ぎず、ユル過ぎないことが大切です。

時々、スポーツスニーカーサイズで革靴を履いている方を見かけます。

踵がブカブカで、歩くと足が動いてしまうようなサイズで履いています。

サイズが、明らかに合っていません。

場合によっては、靴ズレをしたり、疲れやすくなります。

 

しっかりと甲で足をおさえて、

ジャストフィットで履けば

歩きやすさを実感できるはずです。

 

革靴の種類(バリエーション)を紹介:

 

【フォーマル系】

  • プレーントゥ

 

 

【ビジネス系】

  • ストレートチップ
  • ウイングチップ

 

https://moralcode.jp/shopdetail/000000000036/

 

 

https://moralcode.jp/shopdetail/000000000038/

 

 

【カジュアル系】

  • ペニーローファー

 

https://moralcode.jp/shopdetail/000000000039/

 

 

 

まとめ:

靴選びは、非常に大切です。

痛い靴を履いていると一日中不快になります。

 

仕事場で足に合っていないサイズを履いていると

周りのひとにルーズな印象を与えてしまうこともあるでしょう。

 

一日不快にならないフィット感で

きっちりとした革靴を履いていると

気持ちも引き締まって、スマートに見えます。

 

ぜひ革靴を適したサイズで履いてほしいと思います。

 

ちょっと男らしく見せたいときは、グットイヤーウェルト製法。

エレガントにモダンに見せたいときは、マッケイ製法。

 

あまりフォーマルなシチュエーションが少なくなってきているので、

デニムやチノパンと合わせるなら、ブラウン系がカジュアルに履けます。

 

スニーカーにはない

革靴の魅力は

フィットしたサイズで履かなければ

わかりません。

 

 

革靴の魅力を楽しんでいただければ思います。

 

 

 

一歩先をいくスニーカースタイル・仕事でもスニーカー履き

一歩先をいくスニーカースタイル・仕事でもスニーカー履き

 

履きやすい靴 軽くて柔らかいキレイ目の靴がほしい!!

新時代の働き方・カジュアルな服装で働く

スーツにスニーカー!! これからの通勤スタイル。

 

最近は、「働き方改革」という言葉も耳にすることも多くなってきました。

 

政府が、「スニーカー通勤」を推奨。

2017年10月2日実施が発表されました。

スポーツ庁は歩きやすい服装での通勤を広めていく

『FUN+WALK PROJECT』

“運動不足を解消する”というテーマで

通勤の際にスニーカーを履いて出勤するスタイルを発信しています。

 

また伊藤忠商事株式会社が「脱スーツデー」を積極的に取り入れるなど、

カジュアルな服装での働き方に注目があつまっています。

カジュアルフライデーなど、大企業でもカジュアルな服装が増えている現状のようです。

 

 

30代は毎日仕事をしっかりやり、遊びに忙しい。

仕事にもオシャレは気にして、カジュアルだけどキッチリしたい!

最近スーツは着なくなったけど、あまりカジュアル過ぎない格好ってどんな格好!?

って、悩んでいる方も多いのではないでしょうか!?

 

「スニーカー」って、履いてしまうと本当に履きやすくて疲れない。

 

ただ、仕事にはスポーティースニーカーは、

ちょっとスポーティー・カジュアル過ぎる印象もあるので、もう少しキレイめな履きやすい靴が欲しい。

最近は、硬いドレス靴を一日中履けない。

柔らかい靴が欲しいけど、何かあるの?

 

 

 

『レザースニーカー』

そんなときに、『レザースニーカー』

大人な雰囲気もあり、カジュアル過ぎなくてちょうどいい。

キチンと感を保つためには、レザースニーカーがオススメです。

 

レザースニーカーであれば、見た目も高級感がありよね。

生地などの素材になるとちょっと安っぽく、

カジュアル過ぎる印象になってしまいます。

ビジネスシーンでの会議・打合せなどでは、適さないようにも思えます。

 

 

 

「仕事でスニーカー履きできる、一歩先いくキレイ目メンズ大人ファッション」

 

 

 

 

今では、ジャケパンスタイルなどとマッチする上品なレザーやスエードのスニーカーが人気。

今後は通勤だけではなく、スーツ似合うスニーカーや仕事で履けるスニーカーにも注目。

スポーティー過ぎず、あまりカジュアル過ぎず、安っぽくない見た目が重要です。

 

 

 

今のトレンドは、白ホワイトです。

https://moralcode.jp/shopdetail/000000000028/shoes/page1/order/

 

スッキリと爽やかな感じで春夏にも最適でオススメです。

白レザースニーカーならコーデが上品にキマる。

疲れない!

歩きやすい!

高機能でおしゃれなスニーカー!

大人が履くべきスニーカーって、これではないでしょうか!?

 

ちょっと白だとカジュアル過ぎると思う人には、

黒ブラックや紺ネイビーに白底・ホワイトソールで地味になり過ぎず、

見た目も軽く、カジュアルな雰囲気な印象。

 

 

https://moralcode.jp/shopdetail/000000000028/shoes/page1/order/

 

レザーの良さをダークカラーで見せて、スニーカーソールでカジュアル感を出す。

ドレス顔レザースニーカーが、ビジネスシーンで使いやすい。

大人のスニーカーには、レザーで革の雰囲気がより高級なイメージを与えます。

 

 

 

 

<EVA軽量ソール>

非常に軽く、クッション性も優れているため履きやすい。

スポンジ感覚の履き心地が、気持ちがいい。

 

ラバーソールに比べると重さの違いが、明らかに軽い。

ラバーソールに比べると、EVAソールはグリップ性に劣る部分もありますが、

通常履くのは、それほど気になりません。

 

 

スーツにスニーカーで、結構合わせるのが難しい。

スーツにスニーカーは、あり?なし?

スポーツスニーカーだと素材感が合わない場合が多いけれど、

レザースニーカーなら、ビジネスシューズ感覚でカジュアルソールになるイメージなので

少しは合わせやすいと思います。

 

 

 

まとめ:

 

新時代の働き方では、

今までの常識も非常識になることもあるのではないでしょうか?

 

スーツにスニーカーって、ひと昔前はあり得ないことだった合わせ方だったと思います。

またビジネスシーンでスーツを着なくなってきていることも大きな変化の一つです。

 

そんな時代には、レザースニーカーがちょうどいいかもしれません。

仕事でスニーカー履きできる、一歩先いくキレイ目メンズ大人ファッション

として、『レザースニーカー』を使ってみてはいかがでしょうか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

MORAL CODE : アメリカ・ウィスコンシン州ミルウォーキーから日本初上陸!!

MORAL CODE 【モラルコード】

アメリカ・ウィスコンシン州ミルウォーキーから日本初上陸!!

2017年8月よりアメリカでスタートした新しいブランドが、日本でも本格的に販売スタート。

高級レザーシューズ、バッグ、アクセサリー商品をご用意しております。

様々なシーンに対応できる、スタイリッシュで格好良いアイテムを取り揃えております。

 

 

STYLE IS YOUR SIXTH SENSE

『スタイルは、あなたのイメージを作り出します。』

服装や身につけているものは、あなたの人格を定義するための指針になります。
私達はそれが履いている靴から 始まると信じています。
街を歩いているときに洗練されたデザインのものを身に着けていたらきっとたくさんの視線が集まります。
そしてそれはとても前向きな気分にさせてくれることでしょう。

 

『あなたに寄り添う作品たち』
モラルコードは、1点1点プレミアムな作品と確かな品質が魅力です。
「自信とスタイルを誇る靴・鞄・レザーアクセサリー」
プレミアムレザーの確かな温もりが、あなたのスタイルに寄り添う。
最高の品質を保証された職人の技。

 

 

『青空の下、さあ出かけよう!!』

https://www.moralcode.jp/