突然の豪雨!革靴が水に濡れてしまった時のお手入れ方法!

雨 革靴 お手入れ方法

雨など革靴が水に濡れてしまった時のお手入れ方法!

雨 革靴 お手入れ方法

雨季の季節は、雨が多く、外出があるとどうしても靴が濡れてしまいます。

異常気象の影響もあり、集中豪雨が発生することも多くなっているようです。

 

そんな突然の豪雨で

大切な革靴が雨に降られてしまって、

革靴がビショビショになってしまったら、

どうしたらいいんだろう!?

 

そのまま、ほったらかしにしていいのか!?

そんなわけないですよねぇ!?

 

今回は、

革=レザーに与える影響も含めて解説したいと思います。

 

 

まず、

「レザーって水に弱いから、雨の時は履かない方がいいよ!」

とか

「革靴が濡れて、以前より硬くなった!」

そんなこと聞いたことある人もいるかと思います。

 

 

そもそも

なぜ、レザー=革は水に弱いのか!?

レザー=天然皮革が、水に弱い理由とは?

 

なめし方法によって耐水性を高める方法もありますが、一般的ななめし方法(クロムなめし)だと水に弱い事が多いです。

 

革の表面から水が内部に浸透して、皮の繊維を柔らかくすることで、型崩れを起こしてしまう。

そのほか革の内部に含まれているオイル(油分)が流れ出てしまって、乾燥した時に油分が足りなくなりカサカサした繊維がひび割れ状態になってしまう。

更に水に濡れると色落ちし易くなるので、洋服などへの色移りに繋がります。

 

革の表面から水が浸透して

水分が革の繊維の型崩れを起こす

オイル(油分)が抜け出てて、

色落ちし易く、乾燥すると硬くなる!!

 

これが、水が革=レザーに与える大きな影響です。

 

濡れた革靴の3つの対処法

今回は『濡れた革靴の3つの対処法をお伝えしたいと思います。

 

革靴のお手入れ知識としても、ご活用ください。

 

<対処方法>

  1. 汚れを落として、水分を吸収させる。
  2. 乾燥させる
  3. 保湿クリームを塗布する

 

 

1:汚れを落として、水分を吸収させる。

まず乾かす前に、革靴の濡れ具合をチェックします。

 

  • 靴全体が濡れてしまっていて、靴の表面も乾いているところが残っていないくらいの状態なのか?
  • 革靴を水の中に落としてしまったような状態なのか?
  • 雨の日に履いた時のように、靴のつま先、側面などの一部分が濡れて靴の中も染み込んでいる状態なのか?

 

 

靴の中にまで水が染み込んでしまっている場合は、新聞紙などの水分を吸収しやすい紙や布を入れ込んでください。

 

靴の内側から、水分を吸収してくれます。

内側から水分を吸収できると早く乾くようになります。

こまめに新聞紙を入れ替えるとより乾きやすいです。

 

雨の日は、雨と土、ホコリが「泥」となって靴についています。

泥を濡れ雑巾とブラシで、綺麗に取り除きましょう。

乾いてからだと、表面と一体化してしまって取りにくくなってしまいます。

ある程度、綺麗な状態にしておく事が重要です。

 

 

2:乾燥させる

部分的に濡れている場合は、

シミになりやすいので、

全体的に一度水拭きをしましょう。

 

濡れている部分と乾いている部分の境目が線となって、

シミになる可能性が高いからです。

革にビショビショになるまで、水を染み込ませて濡らす必要はありません。

表面の水分を含む量をある程度均一に保ってから、乾かすようにします。

 

乾かす時は、日陰で自然乾燥が一番良いです。

決して「ドライヤー」とか「ストーブ」を使って乾かさないようなにして下さい。

 

天然皮革は非常に「熱に弱い」です。

 

ドライヤーなどの熱風で、表面が焦げてガサガサになってしまいます。

人の皮膚だと、火傷(やけど)状態になるので修復不可能になってしまいます。

 

よくある話…

革靴を雪の日に履いて、

ビショビショに濡れた革靴をストーブの近くで乾かしたら…

 

革靴が反り返って、表面がカピカピのひどい状態になってしまった!

 

なんてこと、聞くことがあります。

そのようなことにならないように、

 

乾燥は日陰の風通しの良いところで、

乾燥させて下さい。

 

3:保湿クリームを塗布する

最後に、乾燥して流れてしまったオイル(油分)を革に入れて保湿します。

 

革の内部には油分が入っており、

革を柔らかく保つために、重要な役割を果たしています。

 

そのオイル=油分が水によって流れてしまい、

乾燥時に飛んでなくなってしまいます。

乾燥後には、オイルが抜けた状態で革も硬くなってしまいます。

 

そんな状態の革に

市販の革専用保湿クリームで革に栄養を与えてあげてください。

しっかりとマッサージするように、クリームをすり込んでください。

繊維内部までオイルが浸透して、革がしっとりと滑らかに柔らかさが蘇ります。

 

 

『濡れた革靴の3つの対処法』

  1. 汚れを落として、水分を吸収させる。
  2. 乾燥させる
  3. 保湿クリームを塗布する

 

先ほど乾燥の時に熱を使って、

急激に乾かそうとドライヤーを使って革の表面を焦がしてしまうと、

保湿クリームを塗っても革に浸透できなくなってしまいます。

ダメージが大きすぎると修復不可能になってしまうので、

乾かすときは熱を使わないように注意してください。

 

大切な革靴をなるべく長く履けるように

雨の日後、シューケアをしてあげてください。

 

スニーカーのお手入れクリーニング方法は?

スニーカーのお手入れクリーニング方法は?

スニーカーのお手入れクリーニング方法は?

 

レザースニーカーのお手入れの仕方が分からない。

「お手入れ」って難しそうと思いっている方が多いかと思います。

 

そんなあなたに、「スニーカーのお手入れ」の情報提供をしたい思います。

 

スニーカーといっても、一番お手入れで重要なのは素材です!

 

  • 革(かわ:レザー)なのか?
  • キャンバス地やナイロン、ポリエステルなどの繊維素材なのか?

 

お手入れをする前に、どの素材なのか把握する事が重要です。
(素材によって、お手入れの仕方が変わってくるので注意が必要です。)

 

材料別のお手入れの方法をお伝えします。

  • キャンバス地などのスニーカー
  • レザー=革などの天然皮革スニーカー

 

 

<キャンバス地などのスニーカーのお手入れ方法>

キャンバス(CANVAS)などの定番スニーカーなどは、

一般的に水洗いが出来ます。

キャンバススニーカーを水にをつけて、中性洗剤を使って洗うこともでき、ブラシで強くこすって汚れを落とせます!
(必ず水洗いができる素材かどうかしっかりと確認してください。)

 

洋服と同じ感覚で洗えてしまうので、
あまり気にしなくても頻繁にお手入れ出来ます。

かなりゴシゴシ洗っても問題ないので、
白のキャンバス地スニーカーは、思い切ってキレイにしちゃいましょう。

 

 

 

次に、

<レザー=革などの天然皮革スニーカーのお手入れ方法>

スニーカーのお手入れクリーニング方法は?

レザースニーカーは、その名の通り『レザー=革』

天然皮革を使っているスニーカースタイルの靴。

 

素材が、レザー=天然皮革の場合
お手入れ方法は、全く変わってきます。

注意しなければならない大きなポイントは、水洗いが出来ないという事です。

間違って水洗いをしてしまうと
革の状態が、非常に悪くなります。

どのように悪くなってしまうかと言うと
乾いた時にシミになったり、表面がカサカサ乾燥したり、ヒビ割れたりと革のコンディションが非常に悪くなります。

 

 

<なぜ、レザー=革は水に弱いのか!?>

レザー=天然皮革が、水に弱い理由とは?

 

なめし方法によって耐水性を高める方法もありますが、一般的ななめし方法(クロムなめし)だと水に弱い事が多いです。

 

革の表面から水が内部に浸透して、皮の繊維を柔らかくすることで、型崩れを起こしてしまう。

そのほか革の内部に含まれているオイル(油分)が流れ出てしまって、乾燥した時に油分が足りなくなりカサカサした繊維がひび割れ状態になってしまう。

更に水に濡れると色落ちし易くなるので、洋服などへの色移りに繋がります。

 

革の表面から水が浸透して

水分が革の繊維の型崩れを起こす

オイル(油分)が抜け出てて、

色落ちし易く、乾燥すると硬くなる!!

 

これが、水が革=レザーに与える大きなダメージです。

 

 

<レザーには、市販のクリーナーとクリームで!>

 

レザーのお手入れに関しては、基本的に市販のクリーナーと革に栄養を与えるクリームを塗りお手入れしてください。

革のスニーカーで汚れがひどく場合は、完全に汚れを落とすだけの強めの溶剤(シンナー液)を使う場合がありますが、革へのダメージを与えてしまうのであまりおすすめできません。

市販のクリーナーは、ダメージを最小限にするために弱めの溶剤になっています。

 

日常的についたホコリや泥であれば、よく水を絞った雑巾などで拭き取ったり、市販のクリーナーで汚れを落としてください。

その後、革にしっかりと栄養補給をしてあげてください。
いいコンディションを保つためには、革にクリームで油分をやさしく塗りこんでください。

注意としては、市販クリームには色がついてあります。

革の色が黒の場合は、黒クリームを塗るとよりブラックに輝きを取り戻します。

でも、薄い色の革に黒クリームを塗ってしまうと、鮮やかな色が黒っぽくなってしまいます。

また、ホワイトソールなどに黒クリームを付いてしまうと拭き取れない場合もあるので注意が必要です。

簡単に済ませたいときは、無色ナチュラルクリームは万能です。

 

革靴の詳しいお手入れ方法はコチラ⇓⇓
革靴のお手入れ方法とは!?

 

 

まとめ:

一般的にはスポーツメーカーのスニーカーはキャンバス地・ナイロンなど使った素材で作られていることが多いので、思い切って丸洗いできるスニーカーも多いです。

人工皮革や一部天然皮革をコンビネーションで使っていることがあるので、丸洗いする前には事前に素材の確認をすることをおすすめします。

丸洗いした後で、色落ちや色移り、さらには革の部分がカピカピになってしまった!

っていうことにならないように、注意してみてください。

 

 

一方、レザー=革製品は扱いが少し異なります。

特に個人で水洗いは難しいので、専門の業者さんに依頼する方がいいでしょう。

本格的な革の丸洗い方法もありますが、それなりに失敗するリスクは自己責任でやらなければなりません。

 

レザーのお手入れ方法を基本に、レザースニーカーであっても丁寧に扱えば、

長く愛用できるでしょう。

いつでもキレイな、スニーカーを履いてお出かけください。

 

 

 

<レザースニーカー シーンで選ぶ>

 

<ビジネススニーカー ランキング>

 

 

モラルコードおすすめランキング:

【公式】メンズおすすめビジネススニーカー ランキングトップ3

は、こちら☝

 

一歩先をいくレザースニーカー・仕事でも快適スニーカー履き

は、こちら☝

 

革靴を長持ちさせる秘訣とは?

革靴 長持ち グッドイヤー製法

革靴を長持ちさせる秘訣

 

革靴の扱い方で、靴を長持ちさせるためにはどのようにすればいいか!?

靴の痛みが激しく、せっかく気に入った靴がすぐにダメになってしまう!

そんな悩みを持っている人は、多いのではないでしょうか!?

 

靴の状態を良い状態に保つ事で、

なるべく長い時間愛用できる方法をお伝えします。

 

勿論、革靴だけではないスニーカー、サンダルなど

シューズ一般的にも通用できる情報として提供したいと思います。

 

 

革靴を長持ちさせる3つの秘訣

* 毎日同じ靴を履かない

* 正しい歩き方をする

* 清潔に靴を保つ

 

 

<毎日同じ靴を履かない>

当たり前と思われるでしょうが、毎日同じ靴を履けばそれだけ靴が痛んでしまうに違いありません。

地面と擦れ、摩擦により靴底が減ってしまう機会を減らす必要があります。

一般的には、日本で市販されている靴は靴底の耐摩耗試験を行っていることもあります。

試験に合格した材料を使っている為、耐久性のある材料を主に使用していると言えるでしょう。

 

しかし、毎日同じ靴を履く事になるといくら耐久性が優れていても摩擦の機会を多く与えてしまうことになります。

 

人は、健康維持のために『1日に1万歩歩く』必要があると言われています。

 

平成29年分の「国民健康・栄養調査結果の概要」を厚生労働省が発表した資料では、成人の一日あたりの歩数は、『男性=6846・女性=5867』であることが分かった。

世間一般的に区切りの良い『1日1万歩』を目標に歩くように指示されることが多い。

 

 

例えば

1万歩 x 10日間 = 10万歩

1万歩 x 30日間 = 30万歩

 

 

ということは

10万回分、30万回分の摩擦が靴底に与えているということになります。

物理的にも、頻度を減らすことはダメージを減らすこと…

 

せっかく気に入って履きたい靴だとしても

長持ちさせたければ、毎日使用はヘビーローテーション過ぎます!

 

履き回しを出来るように、他の靴をローテーションを回しながら

せめて1日おきの使用頻度にした方が良いかと思います。

 

 

<正しい歩き方をする>

歩き方って、実は誰にも教わっていないですよねぇ。

何が正しい歩き方なのか、分からないと思います。

 

簡単に

正しい歩き方の3つのポイント

をお知らせします。

 

* 正しい姿勢

* スムーズな重心移動

* 歩くための筋肉

 

 

<正しい姿勢>

 

正しい姿勢=正しい立ち方

主に姿勢が崩れてしまっている状態としては、2通りあります。

まずは、「前傾姿勢」

背中が丸まってしまって、前のめりになった姿勢です。

常につま先に体重が掛かった歩き方になります。

 

一方、「前傾姿勢」の反対の「反った姿勢」

腰が後ろに反り返った姿勢です。

踵に体重が掛かりやすく、踵を引きずるような歩き方になります。

 

正しい立ち方は、自然に耳のうしろから肩、背中、腰が一直線になっている状態。

アゴを引いて、肩の力を抜いて、下腹部に力が入った自然な真っ直ぐな姿勢。

ちょっとの意識で、正しい姿勢と正しい歩き方は簡単に身につけられると思います。

 

 

<スムーズな重心移動>

正しく歩くためには、かかとから足の親指へのスムーズな重心移動が不可欠です。

歩くときにかかとから着地し、親指の付け根に向かって重心移動することがポイントです。このように歩くことで、脚の内側にある筋肉が使われるため、O脚を改善・予防し、まっすぐ伸びた脚にすることができます。

 

「歩くための筋肉」

歩くためには、足指の動きと力が重要です。

しっかりと地面を掴むようなイメージで足指で地面を感じることが重要。

上手く歩けない人は、足指と内転筋の弱さが原因と言われることがあります。

足は頑丈な構造をしていて、主に3つのアーチで全体重を支えています。

 

足裏アーチといって、

・親指と小指を結ぶ= 横アーチ

・踵部と小指を結び= 外アーチ

・踵部と親指を結ぶ= 内アーチ

このアーチ部分の筋肉が弱ってくると、バランスが取れない。

上手く歩けない! って、こともあります。

 

 

<清潔に靴を保つ>

靴を清潔に保つためには、日頃のお手入れが必要になってきます。

なんでもそうだと思いますが、モノを長い間使いたいときは、メンテナンスが必要ですよねぇ。

靴においても、メンテナンスで大きく寿命が変わってきます。

特に履いて過ごす靴の場合は、足から出る 『汗』が問題です。

しっかりと乾かさないと「カビ」が発生します。

 

お手入れしないまま、ブーツなどの季節物を夏場に放置しておくと…。

寒くなって、いざ履こうと思った時には「カビだらけ」ってこともあります!

夏場の湿気が、最高の条件です。

 

また、冬場には激しい乾燥状態も続きます。

この時に、革に充分な栄養分がないとカッサカサになってしまいます。

革の表面がヒビ割れて、二度と修復できない状態になってしまいます。

 

そんなことが無いように、日頃のお手入れをする必要があります。

(詳しくは、革靴のお手入れ方法⇓⇓  をご覧ください。

https://www.moralcode.jp/blog/shoes/cleaning/

 

 

 

まとめ:

 

革靴を長持ちさせる3つの秘訣

* 毎日同じ靴を履かない

* 正しい歩き方をする

* 清潔に靴を保つ

 

3つの秘訣をお伝えしました。

 

⑴ 毎日同じ靴を履かず、使用頻度を抑える。

⑵ 正しい姿勢で、正しい歩き方をすれば、靴に負担が少なくなる。

⑶ 靴を清潔に保つために、定期的なメンテナンス

 

使用頻度を減させって言っても、

気に入っている靴をいつも履きたい!

って思う人もいますよねぇ。

 

そんな方でも、せめて「毎日履かずに1日おき」が良いです。

靴を清潔に保つために、1日かいた汗を乾かすことは必要。

 

1日おきに履いたとしても、1万歩歩いたら、それなりの負担が掛かってしまいますよね。

その負担を少しでも軽くするために、

正しい姿勢で正しい歩き方をすれば、

踵を擦ること無く、靴の痛みも最小限にできるということです。

 

私も意識的に歩いているので、

長く履いている革靴でも

それほど靴底が減っていません。

「歩き方」って、意識してみると色んな発見がありますよ。

 

お気に入りの靴を長持ちさせて、

できるだけ長く履けるように

日頃から少しでも長持ちの秘訣を意識すれば、

長い間一緒にお出かけできます。

 

 

是非、キレイな靴で一日を気持ちよく過ごせるように!!

試してみてください。

 

革靴のお手入れ方法とは!?

革靴 お手入れ シューケア

「革靴のお手入れ方法」

革靴 シューケア お手入れ ブラシ レザー
革靴 お手入れ方法

 

どのように革靴を手入れすれば良いか、分からない。

以前、お手入れして失敗してしまった事がある。

何だか難しそう!!

なかなか時間がなくて、お手入れをしたことがない。

 

 

そのような経験をしたことが、あるのではないでしょうか?

どうしたら良いか分からないから、ほったらかしにしている。

そんな方にも、簡単で靴を長持ちさせるような「お手入れの仕方」をお伝えします。

 

 

【お手入れに必要な道具】

まず靴のお手入れをするのに、いくつか必要な道具が必要です。

簡単な「簡易的なお手入れ」とより「本格的なお手入れ」によって、必要な道具も変わってきます。

 

まずは「簡易的なお手入れ」に必要な道具からご紹介しましょう。

 

 

「簡易的なお手入れ道具」

・歯ブラシ

・雑巾

・ハンドクリーム

・布

 

 

このグッツなら自宅に揃っているもので、簡易的な靴のお手入れをできます。

外で歩いてホコリや泥などの汚れを落とし、汗をかいた靴を衛生面でキレイに保つことはできます。

また乾燥した革に栄養与えて状態をよくすることにもつながります。

少なくとも、この4点セットは最低限必要です。

 

 

次は、「本格的なお手入れ」に必要な道具からご紹介しましょう。

 

「本格的なお手入れ道具」

・雑巾

・靴用ブラシ

・靴用クリーナー

・靴クリーム 乳化性&油性(各色)

・布

 

 

これらは、市販で一般的に売られている靴お手入れ用品の一部です。

特に靴用ブラシと靴クリームは、最低限必要になってくるかと思います。

簡易的なお手入れでご紹介した『歯ブラシ』と『ハンドクリーム』は、この『靴用ブラシ』と『靴クリーム』の代替品としてご紹介しました。

またクリーナーは、以前に塗った余分なクリームや汚れなどの油分を取り除く効果があります。

これを使えば、よりキレイにお手入れ前のお掃除ができます。

 

革靴 お手入れ レザー シューケア
革靴 お手入れ方法

 

【お手入れの仕方】

(革靴の場合)

 

【簡易的なお手入れ方法】

 

本格的なお手入れの仕方を説明する前に、

「簡易的なお手入れ」の方法

をご紹介します。

 

 

・歯ブラシ

まず自宅にある歯ブラシを使って、外でついたホコリをブラシで取り除きます。

歯ブラシなら、細かい部分の汚れも取れやすいので、キレイにブラッシングをしましょう。

 

・雑巾

次に水をよく絞った雑巾で、靴の全面を拭きます。

靴の表面は外の汚れが多くついてしまいます。

ホコリだけではなく、泥や不衛生な汚れもついてしまうこともあります。

しっかりと表面がキレイになるように、拭き取るようにしてください。

水分が革に染み込み過ぎないように、しっかりと雑巾を絞ってから拭くように注意しましょう。

場合によっては、革にシミ跡が残ってしまう場合もあります。

次の工程に進む前に、しっかりと乾燥させることも重要です。

 

また忘れてほしくないのは、靴の内側(中敷き・ライニング部)の拭き取りです。

靴を一日中履いていると足から汗が出ています。

洋服だと洗濯して洗い流せますが、革靴の場合はそうはいきません。

よって、しっかりと内側も水拭きして汗を拭き取るようにキレイにしましょう。

 

・ハンドクリーム

靴の表面がブラシと雑巾でキレイになったところで、

革に保湿力を高めるように、栄養を与えたいと思います。

通常であれば革靴専用の靴クリームがもっとも望ましいですが、自宅になければハンドクリームを靴クリームの代わりに使いたいと思います。

革は動物の天然素材なので、私たちに使っている保湿クリームでも代わりになります。

(個人的な代替え案なので、使用する場合は自己責任でお願い致します。)

濡れた雑巾で汚れを拭き取ったのち、靴を乾燥させると、表面がカサカサになっていると思います。

布や手を使って、革の表面が潤うようにクリームの塗ってあげましょう。

革が潤って、蘇ってくることを感じることができます。

 

・布

最後に布で、乾拭きをします。

革の表面に残った余分なクリームを拭き取って、磨きます。

靴の状態が良くなったことと思います。

 

 

【本格的なお手入れ方法】

 

次に、

「本格的なお手入れ」の方法

をご紹介します。

 

・靴用ブラシ

まず靴用ブラシを使って、外でついたホコリをブラシで取り除きます。

ブラシを全面に当てて、特にウェルト部分はホコリや泥が付きやすいので入念に。

歯ブラシなら細かい部分の汚れも取れやすいので、歯ブラシも上手く使い分けてもいいです。

 

・雑巾

(簡易的なお手入れ方法と同文)

次に水をよく絞った雑巾で、靴の全面を拭きます。

靴の表面は外の汚れが多くついてしまいます。

ホコリだけではなく、泥や不衛生な汚れもついてしまうこともあります。

しっかりと表面がキレイになるように、拭き取るようにしてください。

水分が革に染み込み過ぎないように、しっかりと雑巾を絞ってから拭くように注意しましょう。

場合によっては、革にシミ跡が残ってしまう場合もあります。

次の工程に進む前に、しっかりと乾燥させることも重要です。

 

また忘れてほしくないのは、靴の内側(中敷き・ライニング部)の拭き取りです。

靴を一日中履いていると足から汗が出ています。

洋服だと洗濯して洗い流せますが、革靴の場合はそうはいきません。

よって、しっかりと内側も水拭きして汗を拭き取るようにキレイにしましょう。

 

・靴用クリーナー

靴用クリーナーは、市販されている靴専用クリーナーです。

濡れ雑巾で取れないような汚れは、クリーナーを使って取り除いてください。

以前より付着している古くなった靴クリームやワックス、汗(塩分)などの頑固な汚れを取るためには、このような専用のクリーナーは非常に助かります。余分なワックスなどを取り除くと、通気性も良くなります。

 

特に油性クリームは時間が経つと固くなるので、濡れた雑巾ではうまく取り切れないでしょう。

そんなときには、クリーナーを使ってお手入れをしてみてください。

 

・靴クリーム 乳化性&油性(各色)

靴の表面がキレイになったのち、革の状態を長持ちさせるために靴クリームをつけます。

ハンドクリームでも代用できるとお伝えしましたが、用意ができるのであれば靴専用のクリームの方が効果的です。

できれは、靴専用クリームを使用することをオススメします。

 

靴クリームには、主に乳化性と油性の2種類があります。

 

乳化性クリームは、柔らかく・匂いも弱く、自然な革のツヤを出せます。

一方油性クリームは、一般的なワックス(靴墨)で固く・匂いも強いがパッとキレイなツヤを出せます。

 

より本格的な方法だと、これらの両方を使い分けて、更に光沢を求めて少量の水滴を使ってより鏡のような光沢を追及することもできます。

本当に「お手入れ」極めたい人は、是非研究してみてください。

 

 

・布

(簡易的なお手入れ方法と同文)

最後に布で、乾拭きをします。

革の表面に残った余分なクリームを拭き取って、磨きます。

靴の状態が良くなったことと思います。

 

 

革靴 ビジネス お手入れ レザー
革靴 お手入れ方法

 

まとめ

革靴のお手入れの一番の目的は、まず靴を清潔な状態に保つことです。

その次に、日ごろ付着した汚れを落とした状態に栄養を与えて、更にツヤを出したりと磨きを掛けることです。

 

私たちの足は、思った以上に汗をかいています。

洋服を選択するように、革靴を洗濯機で洗うことはできません。

洗剤で洗うことはできなくても、濡れた雑巾で靴の内側を拭くことはできます。

 

汗をそのまま放置して、また翌日履いて出かけるよりも、

一日おいて乾燥させることも重要です。

 

「毎日同じ靴を履かない方がいいよ!」って、聞いたことはありませんか?

それは汗が乾ききる前の湿った状態で、また一日中履くと靴の中が不衛生な状態になるからです。

 

まずは、

靴の中を少しでも清潔に保つ

ことを心掛けるようにしましょう。

 

その先に、

革靴の表面についた汚れを落とし、革に栄養を与え、見た目をキレイに

お手入れしてみてください。

 

革の艶を引き立てる市販の専用クリームなど

よりプロ級のお手入れ方法も様々です。

 

今回は、まず毎日なるべく履かずに

靴の中(内側部)を清潔に保つこと。

 

これが最終的に「足の匂い」を防ぐことにつながります。

試してみてください。

【レザー専門店】革底で滑って転ばないように!! 雨の日の滑り止め対策。

革底で滑って転ばないように! 雨の日の滑り止め対策。

 

革底で滑って転ばないように!!雨の日の滑り止め対策。

 

革底で滑らない対策って、どうすればいいか!?

 

雨の日に滑って転んだ経験のある人。

革底は滑りやすいと思っている人。

仕事で革靴を履くけど、雨の日はタイルで滑りそう!!

 

 

雨の日に滑って転んで、はずかしい思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

 

これが革底の最大の悩み・・・・。

特に雨の日の駅では、急いで歩いていて気が散っているときに

スルッと足が取られる時があります。

 

滑らない革靴が欲しいけど、ダサいのはヤダ!!

ハーフラバーの貼り替えは滑り止め効果はあるけど、格好悪い!!

何か他の方法はないの!?

って、思う人もいるでしょう。

 

それぞれの特徴・機能を伝えながら、

解決策や対処法をお知らせしたいと思います。

 

<革底で滑って転ばないように!!雨の日の滑り止め対策。>

 

 

・革底は滑るから、ゴム底を貼るべきか?

 

革底で滑って転ぶと、格好悪い。

革底は表面がツルツルになっているので、摩擦力が低く滑りやすい。

 

 

対策= ゴム底(ラバーソール)を履く。

とか

対策=革底にラバーシートを貼る。

 

など、考えられることはいくつかあります。

 

 

結構見落としがちですが、

滑る原因は、踵(ヒール)の飾り釘が大きく影響していることがあります。

飾り釘=ヒールの接地面に打っている釘のこと。

これは、靴を長持ちさせるために打っている釘です。

 

この釘のアタマが、タイルなどに当たって滑ることが結構あります。

この飾り釘を取ってなくしてしまう!!!

取ってしまえば、踵(ヒール部分)で滑ってしまうことは格段に減るかと思います。

まず、この点を確認をしてみてください。

 

本当は革底には、レザーのトップリフトが高級感あって良いですが、

ラバーのトップリフト(ヒール化粧)を選ぶほうが滑りにくいです。

 

 

 

・革底のゴム底にない機能

 

特徴:

1;通気性の良さ=ムレずらい。

2;足馴染みが良い=履けば履くほど足に馴染んで履くよくなる。

 

革底の特徴は、主に牛革を使っていることから

動物の革の自然な素材は、機能性に優れ、通気性や馴染みが非常にいい。

 

一方では

レザー ソールは革なので、

水分を含むと柔らかくなり、革底の傷みを早める原因になる。

水分に弱いデメリットがあるため、「雨の日」には不向きな素材であるといえます。

 

天気予報で雨が降る日は、なるべく革靴を履かないようにしたい。

滑りを防げるほどの強烈な解決方法はないのが、正直なところ・・・・

カラッと晴れた日に、格好よく革靴を履くのが一番いいと言いたい!!

 

 

 

・滑り止め対策

 

<対策1>

革底ではなく、“ラバーソール(ゴム底)”を選ぶ。

とにかく滑りにくい方を優先したい場合は、ラバーソールが断然にオススメです。

 

ゴムって、消しゴムのように滑りにくい素材で

グリップ性に優れています。

生ゴム(天然ラバー)が多く使われていればいるほど、

キュッキュっと音が鳴るほど、地面に食いつくような感じがある。

 

一方では

ラバーソール(ゴム底)は、通気性が無く、ムレやすい。

また天然ラバーが多いほど、重い靴になってしまいます。

 

雨の日に滑りにくいラバーソールを履くことは、オススメです。

デメリットとして、その分少し靴が重くなってしまうかもしれません。

ラバーソールだからといって絶対に滑らないということはありませんし、

油断していると滑って転んでしまうこともあるので、ご注意ください。

 

 

「熱可塑性ポリウレタン」という 高級ブランドにも使用されているソール素材。
TPU :「熱可塑性ポリウレタン」素材。

 

WALKER ウォーカー コーヒー スエードローファー 革靴カジュアルシューズ

¥16,800 (税込¥18,144 )/ Free shipping

「熱可塑性ポリウレタン」という 高級ブランドにも使用されているソール素材。
エレガント見えるスタイルが、嬉しい!

 

革底をあきらめて履くなら、これ!
使いやすいスリッポンタイプ。
厳密にはラバーソールではなくて、TPU素材。

TPUとは、Thermoplanstic Polyurethane の略。
日本語では、「熱可塑性ポリウレタン」という素材。

高級ブランドにも使用されているソール素材に最適な高級素材。
ラバー同様に滑りにくく、グリップ性も良い。

 

 

<対策2>

革底につま先から土踏まずまでの部分に“ゴムを貼る”対策。

「半貼り」って言ったりします。

 

ハーフラバー(3mm程の厚みのゴム底)を貼る事で結構メリットはあります。

体重が掛かって滑りやすい部分にゴムを貼るので、革底に比べると格段に滑りにくいなります。

一般的には3mm程の厚みのゴム(シート版)を貼って対応します。

 

土踏まずまではゴムを貼らないので、革底のオリジナルの雰囲気はそのまま維持できると思います。

革底を履いて、どうしても滑りにくい靴にしたいと思う方にはこの半貼りをオススメします。

 

ゴムの張り替え修理は、近頃は駅に修理屋さんを見かけることが多くなっています。

そこで革底にゴムを貼って下さいと言えば、簡単に貼ってくれます。

 

一方では

通気性が悪くなるという、デメリットもあります。

また3mmのゴム底を貼るので、返りも悪くなり、硬さを感じようになります。

その分の重さも増すのは、頭に入れておかなければなりません。

 

雨を気にしないで、いつも革靴を履きたい人には、半貼りは最適です。

特にヘビーローテーションの靴は、そちらの方が安心して履けるかもしれませんね。

 

 

 

<対策3>

“滑り止めステッカーを貼る”などの

市販の対応グッツもあります。

 

革底の状態をそのままで、滑り止めステッカーで応急処置をする方法もあります。

せっかく高級感のある革底にゴム半張りをしてしまうのは、気が引けると思うひとにオススメです。

雨の日と分かっていて履くよりは、あくまでも応急処置が望ましいと思います。

なぜなら、ステッカーなので粘着力が落ちてベロっと剥がれてきたら、そちらの方が格好悪いような気がします。

 

 

 

<まとめ>

 

革底の最大の欠点は、雨などによる水分で滑ってしまうことがあることです。

特に濡れたタイルは、本当に滑りやすいので革底に限らず注意が必要です。

 

・革底ではなく、“ラバーソール(ゴム底)”を選ぶ。

・革底につま先から土踏まずまでの部分に“ゴムを貼る”対策。

・市販の対応グッツの“滑り止めステッカーを貼る”対策。

 

など対策をいくつか提案させていただきました。

ひとり一人の靴の思い入れによって、対策は大きく変わってくると思います。

 

・見た目重視のひと = 革底のまま、注意して履く。

・滑り止め重視のひと = ラバーソールを履く。

・両方なるべく重視したいひと = 半貼りゴムを貼って履く。

 

 

 

 

 

また

【歩き方】

【靴のサイズ】

の改善で、滑べりにくくなることもあります。

 

意外と歩き方やしっかりしたサイズで靴を履いていると

それ程転んだりしません。

時々、スニーカー感覚で大きいサイズで革靴を選んでいる人を見かけます。

カバカバのサイズを履いていると足が安定しないので、滑りやすい以前に危ないです。

 

 

革底の良さを知ってしまうとやめられない!!

そんなに人には、

歩き方で対応してしまうのも、ひとつの策かもしれません。

 

実際に革底の接地部分が傷だらけになってしまえば、それ程滑りません。

革底の使用状態。表面が擦れるとそれ程滑らなくなる。
革底:数十回ほど履いた状態。

この革底は、もう何度も履いている革底の状態です。
このくらいに革の表面が擦れて馴染んだ状態であれば、あまり滑ることはありません。

新しいツルツルした「革底をガリガリ」
とアスファルトで擦ってから履くのも策かもしれません。

 

雨の日に滑って転んで、ケガをしたり、恥ずかしい思いしたことのある方は
ラバーソールが対策として有効です。

それでも雨の日はタイル張りは常に滑りやすい状態なので、

気を緩めるとラバー(ゴム底)でも滑ります。

注意が必要です。

 

またハーフラバーの半貼りは、実際にダサイっていう人もいます。

それは、もともと革底はそのままが一番格好いいからです。

 

 

特にビジネスシューズのエレガントタイプの革靴に

ハーフラバー半貼りをするとソールが厚く見えます。

本来の革底のエレガントさのバランスが損なわれる恐れがあります。

 

 

機能性とファッション性を同時に保つことって大変です。

そのバランス感覚を両立できるかどうか考えたうえで、決断してほしいと思います。

 

滑りにくいタンクソール。TPUと革のインジェクションの本底が最適。
タンクソール:TPUと革のインジェクションの本底。

 

滑りにくいタンクソール。TPUと革のインジェクションの本底が最適。
MAYSON メイソン TAN タン茶

MAYSON メイソン タン ブラウン 革靴カジュアルシューズ

¥19,800 (税込¥21,384 )/ Free shipping

今なら、こんな革靴カジュアルシューズもあります。
TPUソールと革のインジェクションで、見た目も高級感あり!
タンクソールなら、特に滑りにくいソールタイプです。
カラーソールが、今っぽい大人きれいめスタイル。

 

 

<革底メンテナンス>

雨の日は、ラバーソールを履く。

革底靴を最低でも2日ほど履く期間あけると長持ちします。

木のシューキーパーを入れると汗・水分をとってくれるます。

 

日頃の靴のメンテナンスは、本当に重要になります。

 

革底を愛する人は、

こんな履き方をして長持ちさせて楽しんでいるのではないでしょうか!?

 

 

「やっぱりレザーソールは格好いい。」って思っている人は、知っています。

 

 

『雨の日は割り切ってラバーソールを履く。』

これが一番いいかもしれません。

 

革底はなるべくそのままで、天気の日に格好よく履く。

雨の日は滑りにくいラバーソールを履く。

格好いいラバーソールの靴も沢山あります。

 

天気や状況(シーン)に合わせたシューズを選ぶ!!

目的やシチュエーションで靴を変えて、ファッションを楽しんでほしいと思います。

 

 

 

おすすめ記事:

【公式】パーティー・二次会にメンズおすすめドレスシューズ ランキングトップ3

 

【公式】メンズおすすめドレスシューズ ランキングトップ3

 

【専門店】グッドイヤーウェルトの革靴のおすすめブランドは、これ!